CITY-HUMAN-ART-NEWYORK 3

JUGEMテーマ:ニューヨーク

 

歩いているだけで飽きないこの街。

 

DSC04694.jpg

 

DSC04696.jpg

 

DSC03597.jpg

 

DSC_5887.jpg

 

DSC03762.jpg

 

DSC03787.jpg

 

DSC03778.jpg

 

DSC03814.jpg

 

DSC03812.jpg

 

DSC03811.jpg

 

DSC04668.jpg

 

DSC04670.jpg

 

DSC04682.jpg

 

DSC03795.jpg

 

DSC04703.jpg

 

DSC04686.jpg

 

DSC04704.jpg

 

DSC03807.jpg

 

DSC03810.jpg

 

DSC03930.jpg

 

DSC04643.jpg

 

DSC04695.jpg

 

DSC04698.jpg

 

DSC04699.jpg

Petersen Automotive Museum 4

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC_2621.jpg

 

DSC_2624.jpg

 

DSC_2623.jpg

 

DSC_2632.jpg

 

DSC_2626.jpg

 

DSC_2627.jpg

 

DSC_2628.jpg

 

DSC_2629.jpg

 

DSC_2630.jpg

 

DSC_2631.jpg

 

DSC_2633.jpg

 

DSC_2636.jpg

 

DSC_2643.jpg

 

DSC_2648.jpg

 

DSC_2645.jpg

 

DSC_2644.jpg

 

DSC_2647.jpg

 

DSC_2646.jpg

 

DSC_2526.jpg

 

DSC_2527.jpg

 

DSC_2529.jpg

 

DSC_2530.jpg

 

DSC_2524.jpg

 

DSC_2525.jpg

 

DSC_2523.jpg

 

DSC_2521.jpg

 

DSC_2522.jpg

 

DSC_2520.jpg

 

DSC_2519.jpg

 

DSC_2518.jpg

CITY-HUMAN-ART-NEWYORK 2

JUGEMテーマ:ニューヨーク

 

これらの写真はただのシーンの切り取り。

写真の出来そのものより、これを見ることで

そのシーンの前後が再び自分の中で蘇る。

 

自分にとって、写真は作品ではなく記録。

だから写真を撮る為に出かけたりはしない。

行動した結果だけが残っているだけ。

 

DSC03931.jpg

 

DSC_5942.jpg

 

DSC_5848.jpg

 

DSC_5855.jpg

 

DSC_5867.jpg

 

DSC_5886.jpg

 

今まで余程狭いとこに閉じ込められてたんだねェ。

 

DSC_5960.jpg

 

DSC03584.jpg

 

DSC03587.jpg

 

何故か交差点にハンマー...。

 

DSC03593.jpg

 

DSC03639.jpg

 

DSC03746.jpg

 

あ痛っ!

 

DSC03758.jpg

 

DSC03771.jpg

 

DSC03792.jpg

 

DSC03793.jpg

 

DSC03798.jpg

 

DSC03851.jpg

 

DSC03862.jpg

 

DSC03869.jpg

 

DSC03883.jpg

 

DSC03884.jpg

 

DSC03885.jpg

 

DSC03917.jpg

 

DSC03921.jpg

 

DSC04409.jpg

 

DSC04412.jpg

 

DSC04518.jpg

 

IMG_7474.jpg

 

IMG_7475.jpg

 

DSC_5827.jpg

 

CITY-HUMAN-ART-NEWYORK

JUGEMテーマ:ニューヨーク

 

夏休みは久しぶりにニューヨークの街並みを歩き

そのディティールを満喫した。

 

どこに行ってもそうだが、観光そのものに興味はなく

自分を惹きつけるのは、街を形成するそのエレメント。

全体像をサラっと見た後は、手元を、足元を、人の目線を見る。

 

観光ガイドや今時だったらグーグルマップを見るだけで

大凡どんなとこなのか分かってしまう世の中だから

自分にとって重要になりうるのは前述のこと。

 

一般的ではないかもしれないけれど

オタクな自分は、そんなことが趣味や仕事に繋がる。

そして楽しい。

 

DSC03668.jpg

 

DSC03804.jpg

 

DSC_5805.jpg

 

DSC_5806.jpg

 

DSC_5799.jpg

 

DSC_5818.jpg

 

DSC_5840.jpg

 

DSC_5819.jpg

 

DSC_5820.jpg

 

DSC_5872.jpg

 

DSC_5842.jpg

 

DSC_5857.jpg

 

DSC_5860.jpg

 

DSC_5873.jpg

 

DSC_5874.jpg

 

DSC_5875.jpg

 

DSC_5877.jpg

 

DSC_5944.jpg

 

DSC_5959.jpg

 

DSC03586.jpg

 

DSC03626.jpg

 

DSC03777.jpg

 

DSC03799.jpg

 

DSC03790.jpg

 

DSC03904.jpg

 

DSC04486.jpg

 

DSC04498.jpg

 

いつもの如く、自分目線はまだ続きます。

 

イントレピッド・エレメント

今日は夏季休暇できてるNYより。

 

退役した空母イントレピッドを改装して博物館にしたという

正にアメリカらしい考え方の施設を20年以上ぶりに訪れた。

 

若干子供騙し的な展示もあるのだけど

昔のままの状態をみせてくれる展示スペースなんかは最高。

特に艦橋部のパーツの作りがオタク魂に火を付けてくれるかの造形なんで

そんな部分だけをアップしておきます。

 

IMG_7278.jpg

 

IMG_7282.jpg

 

IMG_7253.jpg

 

IMG_7255.jpg

 

IMG_7257.jpg

 

IMG_7262.jpg

 

IMG_7269.jpg

 

IMG_7273.jpg

 

IMG_7274.jpg

 

IMG_7275.jpg

 

IMG_7284.jpg

 

IMG_7285.jpg

 

IMG_7286.jpg

 

IMG_7287.jpg

 

IMG_7289.jpg

 

IMG_7290.jpg

 

IMG_7291.jpg

 

IMG_7292.jpg

 

IMG_7294.jpg

 

IMG_7296.jpg

 

IMG_7299.jpg

 

IMG_7300.jpg

 

IMG_7302.jpg

 

IMG_7305.jpg

 

IMG_7310.jpg

 

ね、ヤバいでしょ。

Petersen Automotive Museum 3

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC01315.jpg

 

マジメすぎないのがこの博物館の良いところで

クラシックカーからコンセプトカー、レーシングカー、モデルカー、劇用車まで

様々なジャンルの乗り物が展示されている。

 

DSC01317.jpg

 

DSC01318.jpg

 

バットモービル、これは良く出来てた。

 

DSC01325.jpg

 

DSC01330.jpg

 

おそらくはドラッグレーサーをベースに作ったんだと思うけど

このオートメーターがガッツリ並んでるのを見ると、なんかグっとくる。

 

DSC01332.jpg

 

これは何年代のものか忘れちゃったけど、その昔に考案された電気自動車。

 

DSC01333.jpg

 

アンペアメーターとか(笑)。

 

DSC01335.jpg

 

プリウスとかとは違う...よね(笑)。

あ、そもそもあれはハイブリッドだから

較べるのはリーフとかか。

 

DSC01336.jpg

 

DSC01302.jpg

 

DSC01308.jpg

 

内装超イイ!

 

DSC01309.jpg

 

DSC01278.jpg

 

リトラクタブルライトの三輪車...素敵だな。

 

DSC01275.jpg

 

この時代のコクピッットはほんとに良いね。

 

DSC01305.jpg

 

DSC01311.jpg

 

DSC01312.jpg

 

DSC01313.jpg

 

DSC01314.jpg

 

DSC01349.jpg

 

DSC01346.jpg

 

DSC01343.jpg

 

イイね〜。

Petersen Automotive Museum 2

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC01259.jpg

 

ストリームライナーのスクーター。

良いカタチしてますね。

 

DSC01267.jpg

 

DSC01265.jpg

 

DSC01268.jpg

 

DSC01269.jpg

 

DSC01262.jpg

 

DSC01283.jpg

 

DSC01282.jpg

 

DSC01280.jpg

 

DSC01285.jpg

 

DSC01284.jpg

 

DSC01287.jpg

 

DSC01288.jpg

 

DSC01289.jpg

 

DSC01290.jpg

 

DSC01291.jpg

 

DSC01295.jpg

 

DSC01292.jpg

 

DSC01294.jpg

 

DSC01296.jpg

 

DSC01297.jpg

 

DSC01298.jpg

 

DSC01301.jpg

 

DSC01299.jpg

 

ストリームライナーのカタチも勿論良いんですけど

こういう機械感が出てる車両があると

つい気持ちがそっちに流れがちです...。

GUZZLER外装カスタム4

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

イベントの展示も終わり、途中だったフロントフォークカバーを再びバラし

フレームワークだけだったところを面で埋めてゆく。

 

DSC08711.jpg

 

仕上げもまだな状態だったので、このあたりは自分の時間が許す時に

色んな場所でちょっとづつ仕上げてゆく。

自宅の庭、実家の軒先、時には会社の会議室...(もちろん仕事の終わった夜中です。笑)

 

DSC08716.jpg

 

IMG_5007.jpg

 

溶接で肉盛り、ミニサンダーで粗削り、ペーパーがけ、サンドブラスト...とにかくコツコツと進めること。

 

IMG_5008.jpg

 

ここまでくれば、後はもう一工程。

 

DSC08886.jpg

 

フロントをやってればバランスとしてリヤも気になるのが心情ってもんです...。

これは何かっていうと

 

IMG_5042.jpg

 

スイングアームに付くカバー(?)。

写真はもうちょっとあったんですが、若干時間が過ぎたので見つけられず...ゴメンナサイ。

 

IMG_5045.jpg

 

ピボット部分を覆いかぶさるようにカバーするんですが

もともとこのリヤエンドはスーパーメガブロックというKOSMAN MADEのビレットパーツで

今となってはビレット感が気持ち悪い為...

 

IMG_5046.jpg

 

IMG_5074.jpg

 

まずは苛性ソーダという水酸化ナトリウム(強アルカリ)の水溶液でアルマイト剥離し

 

IMG_5110.jpg

 

いつもの如く、サンダーで角をどんどん落とし

ヌメヌメパーツに変身させ、他と違和感の無いよう処理します。

しかし、このパーツ...かなり固く、サンダーをチンチン言いながら弾く弾く!

 

フォークカバー.jpg

 

フロント周りをエッジ中心にコンパウンドを付けバフがけ。

広い面はサンドブラストの荒い感じが見え、エッジは光る...

 

DSC02302.jpg

 

ヌメ感が強調されたところで、何となく完成。

 

コツコツと自分で好きなようにやれるから実に楽しい。

と言いながらスイングアームカバーの方はまだ手をつけてません。

 

Petersen Automotive Museum 1

JUGEMテーマ:車/バイク

 

Petersen Automotive Museum...ロスにあるこの博物館、

行くべき価値が確実にある。

 

こないだはトマホークでガッツリ写真アップしたけど、今回は4輪のブガッティ。

 

DSC_3393.jpg

 

もうね、堪らなくカッチョ良いんだ...これが。

 

DSC_3391.jpg

 

DSC_3395.jpg

 

DSC_3396.jpg

 

DSC_3397.jpg

 

DSC_3399.jpg

 

DSC_3401.jpg

 

なんと美しいサイドビュー!

 

DSC_3403.jpg

 

DSC_3405.jpg

 

DSC_3406.jpg

 

DSC_3408.jpg

 

DSC_3414.jpg

 

DSC_3415.jpg

 

DSC_3419.jpg

 

DSC_3423.jpg

 

DSC01482.jpg

 

DSC01483.jpg

 

DSC01485.jpgDSC01485.jpg

 

DSC01486.jpg

 

DSC01487.jpg

 

DSC01488.jpgDSC01488.jpg

 

DSC01489.jpgDSC01489.jpg

 

DSC01490.jpg

 

DSC01491.jpg

 

DSC01481.jpg

 

凄すぎる車両が目白押しなんです、ココ。

GUZZLER on Set 2

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

DSC_9529.jpg

 

なんか色んなモノが所狭しと飾ってあるのですが、これは8Kカメラの性能を見る為のセットなので

金属・木材・布などの素材や色の再現性、光の見え方など多様な要素を入れ込む必要がありました。

 

実際8Kカメラで映った映像は、この『静止画』を撮ったデジカメの性能より遥かに写りが良い訳で

写真の女性バックにある窓など、この写真だと白飛びしてますが

8Kにおいてはキッチリと窓外の風景も映し出してくれてて

その映像を見るまでは、8Kなんて見えすぎて鬱陶しいんじゃねーの、なんて思ってましたが

それは全くの杞憂で、肉眼で見た風景がそのまま再現される感じの絵になってましたね。

ホント驚き...。

 

8Kが持つピクセル数なら、写真を撮る必要もなくなってしまうかもしれない恐ろしさ...。

(もちろん記録って意味においてだけですが)

まず画角だけ気にして映像を撮っておけば、使いたい部分だけを切り出して

現在の静止画並み(もしくは以上)のクオリティ対応が可能なんですよね。

民間レベルになるのはもう暫く時間がかかるのでしょうが...

それにしてもデジタル技術は加速度的に進んできますねぇ。

もうついて行けません...。

 

DSC_9468.jpg

 

なんで、自分はこういうアナログな物質社会で生きてゆくことにします(笑)。

 

DSC_9465.jpg

 

壁面の質感とか良いでしょ?

 

DSC_9569.jpg

 

DSC_9600.jpg

 

DSC_9627.jpg

 

DSC_9591.jpg

 

DSC08246.jpg

 

DSC_9605.jpg

 

DSC_9578.jpg

 

DSC_9608.jpg

 

DSC_9623.jpg

 

DSC08287.jpg

 

DSC08300.jpg

 

DSC08306.jpg

 

DSC08299.jpg

 

DSC08246.jpg

 

こんな感じで、自分の趣味感満載な実に楽しい仕事でした。

ということで、フロントフォークカバーを再び仕上げます。