HOT-DOCK TOURING 3

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

 

予定外だった箱根大観山にて記念撮影の図

 

 

メンツの年齢差が凄い(笑)。

でもこれは良いことだよね。

 

 

たまには自分も入って。

 

 

 

なにやら怪しい行動を起こす一名...

 

 

タンクを止めるボルトを落っことしてきたということで、とりあえず応急処置。

みんな笑ってるけど、他人事ではない。

もちろん皆んな分かってるから笑うんだけどね。

 

 

またまたガソリンスタンド。

基本的にここか、走行写真しかないと思ってよい。

 

 

個人的にガソリンスタンドはセルフの方が好き。

いちいち入れる分量を気にしてなくっちゃいけないし

GUZZLERの場合、もともと入る容量が少なすぎて

『満タン』と言ったものの、3リッターです...とか

罪悪感に耐えられない(笑)。

 

 

ユウトが何かイタズラしようとしてるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガソリンの心配がなくなると、ちょっとエンジンを回したくなる。

そうなると、いつものホットドックツーリングらしく

三々五々みんな自分のペースで走りだす。

秩序の無いのがここの秩序。

結局オヤジになっても若い頃とやることは大して変わらないのだ。

 

 

 

たまらないね。

 

 

そして自分も結局ちっちゃいボルトを2本落とし、ヘッドライトはあさっての方向を向き

リヤフェンダーを止めてるズースファスナーはこの状態(笑)。

給油と振動、20年以上前から気にしてることは変わらないなぁ。

 

でも、皆んなと走るダベる楽しみ、自分のイジる楽しみ、

それも全く変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

HOT-DOCK TOURING 2

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

 

このツーリングはまず何は無くてもとにかくガソリン。

たいした距離は走らないのに3回も4回も給油しないと

誰かが立ち往生してしまう(自分はその筆頭)。

 

 

 

 

なんだこの2人...(笑)。

 

 

 

 

 

これだけ台数がいると、全員給油が終わるまで結構な時間がかかる。

走るために給油するのか、給油するために走るのか...

いつも自問自答を繰り返すところである。(嘘)

 

 

 

 

で、また走り始める。

 

 

 

 

 

自分の持ってるコンデジは結構広角なんで

被写体を画面いっぱいに撮るには結構近ずかないとキビしい。

当然のことながら、運転中にファインダーやモニターを見ながら撮るなんてできないから

テキトーショット連発。

その割に今回はちゃんと撮れてるから自画自賛しちゃう(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

このショット好きだな。

 

 

 

 

これも悪く無い。

 

 

 

これはさ、左手を体ごとニューっと伸ばして撮るんだ。

もちろん地面だけとか空だけとかで何も写ってない時もある。

 

 

 

止まれば写真はラクショーと言いたいとこだけど

一般道はストップ&ゴーが多すぎて、カメラを取り出して電源を入れてってのができない。

GUZZLERはニュートラルの入りが悪いし、操作関係がナーバスなんで

信号待ちでカメラを取り出したものの、結局しまうことができず

慌てて股座に挟んで走るなんてこともしょっちゅうだったりする。

 

 

 

 

 

GSがなかなか無いと携行缶のお世話になるんだけど

自分の持ってた1本じゃ足らなく、結局ノンさんのバイクから拝借することに...。

こういったことも想定してチューブを忍ばせてるあたりは流石としか言いようがありません。

感謝感謝なのです。

 

 

ガソリンに始まり、ガソリンに終わる...

 

まだ終わってませんが。

 

 

 

HOT-DOCK TOURING

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

3週くらい遡るけど、晴天の日曜日にホットドックツーリングへ出た。

 

 

コースや距離は書くほどのことのない超平和なレベルのツーリングなんだけど

まあ、これはいつものこと。

さっと走ってグダグダして、ビューっと走ってウダウダする。

それが醍醐味。

 

 

 

 

今回シャチョーは例のBMWで登場。

 

 

ガス欠に備えた新装備(?)も追加...。

中身はガソリンなんで、この大仰さに笑っちゃいそうだけど

自分たちのツーリングに於いては割と重要なエレメントだから

遊びココロも追加って感じかね。

実にカッチョイイね。

 

 

 

 

今回はメンツも多く、世代交代が始まったか(笑)

新旧人類とバイクが集まった、過去にないツーリング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凝り固まることなく、スカしてない連中が集まって走る。

この感じが昔から好き。

 

 

 

いつもの如く、自分は写真係として撮りまくるんだけど

このGUZZLERに乗りながらやるのは、なかなかアクロバティック...。

しかも最近は右手の腱鞘炎も患っちゃってるから

ヘルメットの中で『アイタタタ〜〜』って叫びながら

左手でシャッターを押す(笑)。

でもね、今回は意外と走行写真がキレイに撮れたんだ、ラッキー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世代やバイクの違いはあっても、バイク好きには変わりない。

自分たちも元々走ることが好きから始まっている訳だし

息子や娘の年代と一緒に走れる、この楽しさは素晴らしいね。

 

 

 

 

 

まだ続きます。

 

 

 

 

BAY AREA Chopper & Custom Bike Show 2017 その3

JUGEMテーマ:車/バイク

 

せっかくブログ書く気になってるのに、なぜか画像の一括アップロードができず

一枚一枚貼っていかなきゃいけないから実にメンドクサイ...。

という愚痴からスタート。

 

 

ロッドショーのショーの時も見てたけど

実はBMWの新型ベースだったんだと、この時気がついた。

ノーマルを完全に飛び越えたカスタムの格好良さも去ることながら

いつもながらにBMWが拘るエンジン形式にも感動してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体像と各所のデザインはバラバラなんだけど、楽しみながらチクチク作ってる感があって

こういう車両をは見てて楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイールベースが相当伸びるであろうショック移設。

ツインショックのダイレクトマウントだからスポーツ性よりもインパクトを狙った感じ。

それも地味なインパクト。

でもカスタムバイクなんてマイノリティな世界なんだから、自分たちが楽しければそれでOKですよね。

 

 

これなんか、元が元だから

エイジング塗装して、ちょこっとだけイジれば

こんなにも雰囲気が出る。

 

 

アイディアの勝利ですね。

 

 

Gas GUZZLER

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

たまに乗るんだ。たまにはね。

 

最近は自分が腱鞘炎になっちゃって

これに乗ると激痛と戦いながら乗ることになるから

ちょっと放置気味だったんだけど

オイルが落ちきる前には乗ってあげないといけないからね。

 

IMG_0826.jpg

 

『gas guzzler』

 

アクセント・音節gás‐gúz・zler 発音記号/‐gˈʌzlɚ|‐lə/

名詞可算名詞

主に米国用いられる》 ガソリンを食う(大型)自動車高燃費車.

 

天気が良いと、どこを走っても最高。

クラッチのキレが悪くニュートラルに入り辛いから

できれば信号待ちの少ない郊外がベスト。

 

ただ、こいつの場合

ガソリンタンクの容量が4.5リッターしかないから

まめに給油しないとガス欠は日常の如く目の前にある。

一応サブタンクはシート下のとこに、これまた4.5リッターあるんだけど

そのガソリンを吸い上げるポンプが現在故障中の為に使えない。

なんで、マメな給油は必須。

 

IMG_0824.jpg

 

郊外に向かうときは、電池式のETCを足に縛り付けて走る。

この時、高速のSAの間隔の都合上、ちょっと頑張って走ったら

本来4.5リッタータンクなのに給油量はまさかの4.6リッターあって

実質すっからかんの状態でGSに飛び込んだ状態。

このバイクは重そうに見えるけど、実質は装備240kgほどで

実はストックのスポーツスターより軽かったりする。

だから万が一にガス欠で止まっても、押すのなんてヘッチャラへっちゃら。

...というのはもちろん大嘘。

車体横からの写真を見ての通り、キャスターが寝ててハンドル幅も狭いから

キレコミが凄く、実に重い(笑)。

ついでに自分ももう年齢のせいか、バイクを押すなんてありえない行為...。

こないだBMWが故障したんだけど、中途半端に家から近かったんで

意を決して押したものの、やっぱ後悔の種になったしね。

だから、ガス欠にならないようにすることが最優先事項(笑)。

 

IMG_0832.jpg

 

ただガソリンのことばかり考えてたら面白くないんで

心配の無い場所を走ってる時は自由に回す。

回しすぎると25kmくらいでガスが無くなるから、燃費はリッター6km弱。

2000ccのエンジンにS&S Dキャブ+サンダージェット3発の組み合わせだから

そりゃ大食いになるわな。

 

IMG_0835.jpg

 

IMG_0836.jpg

 

でも、そんなネガは気にならないほど刺激的な乗り味がコイツの持ち味だから

アクセルは開けるのが正しい使用方法。

 

でもね、今の今まで知らなかったんだ...。

 

IMG_0847.jpg

 

この時の帰り道。

いちおう往路のガス欠間際の件があったんで、燃費走行というか

100キロ巡航のレベルで走ってきたら、その後の給油でビックリ!

なんと、リッター20km走っていた。

このバイクを作ったのは2000年なんで、既に17年経ってるはずなのに

そんなことを今気付く自分にもビックリ(笑)。

 

IMG_0837.jpg

 

Dキャブは加速ポンプが付いてないから

大排気量ならではの低回転維持で走ってると

たぶんインターミディエイトのジェットしか使ってないんだろうね。

それにしても燃料消費率に幅が広いわ〜。

 

さすが『gas guzzler』!

 

 

 

BAY AREA Chopper & Custom Bike Show 2017 その2

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC06840.jpg

 

ヨーロッパあたりで大流行り(?)のカフェ系カスタム。

スズキの油冷エンジンはカッコ良いからシンプルな感じがハマりますね。

個人的にはPMのシケインホイールがツボ。

 

DSC06847.jpg

 

DSC06841.jpg

 

DSC06842.jpg

 

結構ヨレヨレなピンストが気になりますが(笑)、ライトの配置とか素敵です。

 

DSC06845.jpg

 

耐久レーサーなタンク構成を入れたりとか、トップブリッジあたりとのマッチングはともかく

楽しんで作ってる感がして好きです。

 

DSC06844.jpg

 

DSC06833.jpg

 

こちらはビューエルベース。

前にホットロッドショーの時、写真を大量にのせたから今回は控えめに。

 

DSC06834.jpg

 

DSC06835.jpg

 

DSC06836.jpg

 

いや、しかし良く出来ています。

 

DSC06838.jpg

 

DSC06839.jpg

 

DSC06797.jpg

 

最近ちょいちょい見かけるK100のカスタム。

自分も乗ってたんで、すごく気になります。

 

DSC06798.jpg

 

DSC06799.jpg

 

DSC06827.jpg

 

こっちはホイールが3本スポークになってるから後期型かな?

 

DSC06831.jpg

 

今見ても凄いエンジン構成ですよね。

当時超先進的なエンジンだったはずなのに、ディーゼルエンジンのようなフィーリングが

とても印象的なバイクでした。

 

DSC06828.jpg

 

DSC06829.jpg

 

DSC06817.jpg

 

DSC06818.jpg

 

DSC06819.jpg

 

DSC06820.jpg

 

DSC06821.jpg

 

DSC06852.jpg

 

DSC06853.jpg

 

DSC06854.jpg

 

DSC06855.jpg

 

DSC06856.jpg

 

DSC06859.jpg

 

DSC06860.jpg

 

DSC06861.jpg

 

DSC06862.jpg

 

DSC06863.jpg

 

DSC06864.jpg

 

DSC06865.jpg

 

DSC06866.jpg

 

 

 

 

BAY AREA Chopper & Custom Bike Show 2017

JUGEMテーマ:車/バイク

 

自分的に仕事が落ち着いてきたこともあって気持ちに余裕ができたんで

大分ご無沙汰になっちゃったけどブログアップします。

色んなショー関係はちょいちょい顔出してるから、撮った写真はえらい溜まってんだけど

もう吐き出すにはちょっと時間が経ちすぎたな〜。困った困った。

 

さて、こないだの日曜に幕張メッセで開催された表題のショー。

仕事柄ということで去年だいぶツラツラとイベントの事について書いたけど

基本的に今年も同様な思いでしょうかね。

楽しくやりたいのは皆な一緒だろうから、それぞれが努力して

いい時間、いいイベント、いい業界を作っていけたら良いね。

自分的な考えとしては、それぞれが努力するのが基本だと思っていて

人任せや責任転化しはじめたらすべての衰退の始まり。

(こんなの読んでて、何を書いてるのか分からない人も多いかもしれませんが...)

ネガはネガしか呼ばないんで、前向きに行きましょう。

 

スイマセン、いつもの写真いきます!

 

DSC06902.jpg

 

DSC06851.jpg

 

DSC06878.jpg

 

DSC06894.jpg

 

DSC07030.jpg

 

DSC07032.jpg

 

DSC07034.jpg

 

DSC06898.jpg

 

DSC06912.jpg

 

DSC07031.jpg

 

DSC07022.jpg

 

去年もあったけど、自分の興味はサンダンスのロボヘッド。

 

DSC07023.jpg

 

こっちはスーパーXRか。

いろんな方向にポートが向いてて面白いな〜。

 

DSC06824.jpg

 

近年はカフェレーサー流行りで、様々な車種が化けるけど

その中でもスポーツスターはやっぱ良いね。好き。

Vツインで作るのってライン出しが難しいから、センスが問われる。

 

DSC06825.jpg

 

DSC06826.jpg

 

DSC06780.jpg

 

最近は定番となってるBMWも鉄板。

昔はRやKを弄るなんてありえない話だったけど

すっかり時代は変わったね(良い方に)。

このあたりはリトモセレーノさん(現46WORKSさん)の功績かね。

 

DSC06786.jpg

 

DSC06790.jpg

 

DSC06793.jpg

 

DSC06794.jpg

 

DSC06796.jpg

 

DSC06800.jpg

 

DSC06801.jpg

 

DSC06802.jpg

 

DSC06803.jpg

 

ニンジャやカタナって言うとロードライダー誌的なカスタムが殆んどだったけど

これもまた時代が変わってきた。

アパレルブランドのICONなんかが、こういった系も積極的にカスタム展開してるから

いろんな車種、様々なカスタムが見れて楽しいよね。

 

DSC06822.jpg

 

DSC06823.jpg

 

DSC06804.jpg

 

DSC06805.jpg

 

DSC06806.jpg

 

DSC06807.jpg

 

DSC06809.jpg

 

DSC06811.jpg

 

DSC06813.jpg

 

 

 

 

 

HOTROD CUSTOM SHOW 2016 その7

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC_7043.jpg

 

DSC_7047.jpg

 

DSC_7044.jpg

 

DSC_7046.jpg

 

DSC_7053.jpg

 

DSC_7054.jpg

 

DSC_7057.jpg

 

DSC_7049.jpg

 

DSC_7050.jpg

 

DSC_7052.jpg

 

DSC_7061.jpg

 

DSC_7062.jpg

 

DSC_7063.jpg

 

DSC_7082.jpg

 

インドネシアからの1台はなんだかよく分からないけれど凄まじいマシン。

 

DSC_7064.jpg

 

DSC_7066.jpg

 

DSC_7067.jpg

 

DSC_7068.jpg

 

カッチョイイですなぁ。

何が良いって、やっぱバランス。

 

DSC_7069.jpg

 

こっちはオバケ。

 

DSC_7070.jpg

 

この凝縮感がヤバすぎです。

後付感の全くないスーパーチャージャーが美しいですな。

 

DSC_7071.jpg

 

DSC_7074.jpg

 

DSC_7075.jpg

 

DSC_7076.jpg

 

DSC_7078.jpg

東京オートサロン2017その3

DSC_7603.jpg

 

DSC_7602.jpg

 

懐かしいね〜。

 

DSC_7591.jpg

 

若干現代的にモディファイされてるとこもあるけど、あの時代のシルエットフォーミュラ。

 

DSC_7592.jpg

 

DSC_7593.jpg

 

DSC_7594.jpg

 

DSC_7596.jpg

 

DSC_7597.jpg

 

DSC_7600.jpg

 

DSC_7599.jpg

 

あ、このホイールってベーンでカバーされてたものだったんだ...。

このアイディア、巡って巡って今バイクのカスタムでも使えそうだよね。
DSC_7601.jpg
DSC_7604.jpg
DSC_7605.jpg
やっぱハコ車はかっちょイイなぁ。
DSC_7645.jpg
DSC_7612.jpg
DSC_7611.jpg
DSC_7495.jpg
DSC_7687.jpg
DSC_7688.jpg
DSC_7689.jpg
DSC_7690.jpg
なんかニッサン車ばっかになってきた。
DSC_7537.jpg
DSC_7714.jpg
と、はずしてみたつもりが...同じグループ。
今のF1って全然好きじゃないんだけど
これはカラーリングで誤魔化されたのか、格好良く見える。
DSC_7713.jpg
DSC_7717.jpg
市販車のルーテシアだかメガーヌだかが置いてあったけど
やっぱこの黄色いカラーのは格好良かった。
DSC_7719.jpg
DSC_7720.jpg
DSC_7721.jpg
DSC_7722.jpg
DSC_7723.jpg
このアームとかって何プライ位で作ったカーボンなんだろ?凄く薄い。
DSC_7724.jpg
DSC_7725.jpg
レーシングカーとしてのカタチが好きじゃなくても
構造とかフォルム、造作方法とかを考えて見てるとアリだね。
楽しい。

東京オートサロン2017その2

JUGEMテーマ:車/バイク

 

DSC_7469.jpg

 

ギャレットのカタツムリ。

オートサロンでは車本体よりも実はこういうものを見る方が楽しい。

 

DSC_7463.jpg

 

マニホールドは多気筒のものほど良いね。

 

DSC_7460.jpg

 

性能はともかく、この削り出しシリンダーはプレーンすぎて面白く無い。

 

DSC_7459.jpg

 

なんかさ、機械加工が複雑だったり作業工程が大変なんだろう的(笑)な方がグっとくる。

 

DSC_7440.jpg

 

なんだこれな軽トラだけど、色々詰め込んでてて面白い。

 

DSC_7457.jpg

 

DSC_7441.jpg

 

DSC_7442.jpg

 

DSC_7455.jpg

 

DSC_7454.jpg

 

DSC_7448.jpg

 

DSC_7452.jpg

 

DSC_7446.jpg

 

DSC_7444.jpg

 

DSC_7450.jpg

 

DSC_7451.jpg

 

DSC_7491.jpg

 

DSC_7633.jpg

 

DSC_7634.jpg

 

DSC_7635.jpg

 

DSC_7636.jpg

 

DSC_7637.jpg

 

DSC_7639.jpg

 

DSC_7638.jpg

 

DSC_7707.jpg

 

DSC_7574.jpg

 

DSC_7576.jpg

 

DSC_7577.jpg

 

DSC_7528.jpg

 

DSC_7530.jpg

 

もともと大きいクルマは好きじゃなかったんだけど

何故か最近この手が気になってる。

 

DSC_7531.jpg

 

DSC_7747.jpg

 

DSC_7436.jpg

 

タイヤはみ出てますよ。

 

DSC_7438.jpg

 

DSC_7439.jpg