NEW SCOOTER

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

GUZZLERは常に手元にあるとして、日常の足に使うバイクは大体2〜3年で乗り換えてたもんで

その流れ(?)にのって、最近BMWから新しいマシンにかえた。

新しいっつっても新車なんて買いません。...いや、買えませんかな(笑)。

 

で、選んだのは 2007年式 H-D FXD

一番シンプルなビッグツインだから

フツーのオートバイ感があって何となく気に入った。

 

でも、ほんとはハーレー買うのには躊躇もあった。

以前スポーツスターを盗難されたことがあるんで

その時みたいなことになっちゃうんじゃないかという不安感。

ただそんなことばっか考えてると好きなものに乗れなくなっちゃうんで

そんな気持ちはシャットオフ。

 

IMG_0584.jpg

 

年式からすると10年落ちだけど

ハーレーの歴史からすると最新型とは言わないまでも全然高年式で

96cuもあるエンジンは足としては十分すぎる。

天候が悪くたってバイク移動が日常な自分だから

多少の趣味性が失われても(キャブが好きな自分としては)

インジェクション車であることはネガにならず

むしろ気兼ねなく乗れるのは大きな美点。

 

ただ、程々にまとまったデザインは上記の如く悪くないんだけど

個人的な趣味からすると、若干はいじりたい感じ。

 

IMG_0605.jpg

 

まずはフレームが前上りになったフォルムは好きじゃないのと

ついでにいつの時代もノーマル状態はスッコンスッコンのFサスを固める意味で

フロントのスプリングを変えて1"ダウン。

2インチ落とすことと選べたんだけど、リヤは落とさないから

とりあえず姿勢はこれで良し。

 

IMG_0622.jpg

 

んでもって、ホイールのマットグレー塗装。

ノーマルでも色を変えてやるだけで全然雰囲気でるからね。

外しついでにホイールベアリングも打ちかえて日常の酷使に備える。

 

IMG_0638.jpg

 

プーリーやローターもついでにお庭塗装。

 

IMG_0665.jpg

 

あ、ハンドルも。

ただし、これは塗り終わった後でバイクに合わせてみたらイマイチ相性が良く無かったので、速攻ボツった。

 

IMG_0699.jpg

 

ということでハンドルは後回し。

シートはK&Hのコブラシート。

タックロールのステッチが縫い込みではなく溶着なんで

雨の時濡らしても、その後に吸い込んだ水が出てくる不快感がないのが良い。

もちろん縫い込みの方がシャープで格好良いことは間違いないんだけどね。

 

IMG_0861.jpg

 

気をとり直して、ハンドルはガッツクロームで買ってきたスーパーバーに白いラインを入れたものに交換。

前のスポの時もこれに落ち着いてたんで、合わせてみたらやっぱり自分にはベストマッチ。

グリップはBiltwellのカンフーグリップ、ライトグレーで

色的に当たり前だけど速攻汚れる...まあ、味だね。

ハンドルを変えついでにウインカーはフレームマウントに移設。

敢えてノーマルウインカーをそのまま使ってみた。

 

IMG_0939.jpg

 

リヤウインカーの、この出っ張り感だけは後で何とかしたいかな。

 

IMG_0941.jpg

 

この前に乗ってたBMWは積載に関しちゃ無敵だったけど

それから較べると、FXDはカッパすら積めないのがちょっとストレスだったんで

取り急ぎ、軍放出もののバッグを用意して

オリジナルデータで作ったカッティングシートのステンシルでスプレーマーキングカスタム。

この後ワッペンを貼りこみ、さらに自分仕様に昇華。

 

IMG_1340.JPG

 

しっかりした革のサイドバッグではなく、こういうだらしない感じが好き。

しかし、いくら簡易防水のバッグでも、まともに雨を受けると浸水して

その後中身が錆びたり、蒸れてカビカビになること間違いなしなので

中のモノは、もう一重の完全防水バッグに入っている。

 

IMG_1328.JPG

 

最初のほうに、96cuもあるエンジンは足としては十分すぎるって書いたんだけど

実際乗ってるとやっぱりガスの薄い感じは拭えず、若干力不足。

音もバスバスといった排気音だからイマイチ気乗りする感じではない。

ということで、インジェクションチューンする為のグッズ(?)購入。

 

バンス&ハインズのFP3

 

フルコン入れてダイノに載せれば相当良くなるのは理解できるんだけど

このマシンにそれは贅沢すぎるんで、サブコンとスリップオンマフラーで落としどころを見つける。

 

IMG_1213.jpg

 

まず、ツルシのマップをスマホのアプリからBluetoothでバイクに読み込ませる。

なんという時代なんだ!

話としては聞いていたけど、やってみて改めてビックリ。

更にAutoTune機能を立ち上げて走行すると、燃調補正データが埋まってきて

それを再度読み込ませると、バイクの走行性が若干変化する。

 

IMG_1214.jpg

 

なんか懐かしく感じるのは、インベーダーゲームを彷彿させるグラフィックだからなんだけど

やってる内容はとてつもなく現代感溢れること。

思わず笑ってしまう。

 

ただね、あくまでこのあたりはベーシックなセッティングレベルで

アクセルのツキとか、気になるところを全部潰せる訳じゃないから

ちゃんとやりたいなら、やっぱりダイノに載せる必要はあるんだろうなぁと実感。

一生懸命に色んなシチュエーション、色んなギヤで全開やパーシャルを繰り返すんだけど

街中や高速でやり続けるのはリスク多すぎなんで。

 

IMG_1215.jpg

 

まあでもインジェクションチューンの面白さの一端には触れた感じ。

これ以降どうするかは走りながら考えよう。

 

スリップオンマフラーもバンス&ハインズのものをチョイスしたんだけど

音量の大きさはさておいても、音質の良さはなかなかのもの。

低くて野太い音は、GUZZLERなんかよりずっと良い。

自分にとって初めてのHD

1991年にFATBOYが納車された時はあまりのノーマルマフラー音の酷さに

翌日速攻、当時甲州街道沿いにあったイージーライダースで

メーカー不明のスリップオンマフラーを買って取り付けたら

ビチビチバリバリ言う直管爆音で色んな意味でビックリしたことを思いだしちゃった。

今時は音質もデザインされてると言ってよいんだね。

 

 

取り付けたマフラーも、エキパイは耐熱のグレー、スリップオン部は耐熱白とグレーのツートーンで塗り分け

手軽なイメチェンに寄与させた。

あぁ、だっさいサイドリフレクターは剥がさなきゃだな。

 

IMG_1333.JPG

 

取り急ぎのインジェクションチューンも十分楽しめるエンジンパワーに繋がってるし

さりげないスタイルと共に、もうだいぶ自分好みのバイクになってきた。

足としてやりすぎない程度に遊びながら、しばらくこれに乗っていこうかね。

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL