Gas GUZZLER

JUGEMテーマ:Harley-Davidson

 

たまに乗るんだ。たまにはね。

 

最近は自分が腱鞘炎になっちゃって

これに乗ると激痛と戦いながら乗ることになるから

ちょっと放置気味だったんだけど

オイルが落ちきる前には乗ってあげないといけないからね。

 

IMG_0826.jpg

 

『gas guzzler』

 

アクセント・音節gás‐gúz・zler 発音記号/‐gˈʌzlɚ|‐lə/

名詞可算名詞

主に米国用いられる》 ガソリンを食う(大型)自動車高燃費車.

 

天気が良いと、どこを走っても最高。

クラッチのキレが悪くニュートラルに入り辛いから

できれば信号待ちの少ない郊外がベスト。

 

ただ、こいつの場合

ガソリンタンクの容量が4.5リッターしかないから

まめに給油しないとガス欠は日常の如く目の前にある。

一応サブタンクはシート下のとこに、これまた4.5リッターあるんだけど

そのガソリンを吸い上げるポンプが現在故障中の為に使えない。

なんで、マメな給油は必須。

 

IMG_0824.jpg

 

郊外に向かうときは、電池式のETCを足に縛り付けて走る。

この時、高速のSAの間隔の都合上、ちょっと頑張って走ったら

本来4.5リッタータンクなのに給油量はまさかの4.6リッターあって

実質すっからかんの状態でGSに飛び込んだ状態。

このバイクは重そうに見えるけど、実質は装備240kgほどで

実はストックのスポーツスターより軽かったりする。

だから万が一にガス欠で止まっても、押すのなんてヘッチャラへっちゃら。

...というのはもちろん大嘘。

車体横からの写真を見ての通り、キャスターが寝ててハンドル幅も狭いから

キレコミが凄く、実に重い(笑)。

ついでに自分ももう年齢のせいか、バイクを押すなんてありえない行為...。

こないだBMWが故障したんだけど、中途半端に家から近かったんで

意を決して押したものの、やっぱ後悔の種になったしね。

だから、ガス欠にならないようにすることが最優先事項(笑)。

 

IMG_0832.jpg

 

ただガソリンのことばかり考えてたら面白くないんで

心配の無い場所を走ってる時は自由に回す。

回しすぎると25kmくらいでガスが無くなるから、燃費はリッター6km弱。

2000ccのエンジンにS&S Dキャブ+サンダージェット3発の組み合わせだから

そりゃ大食いになるわな。

 

IMG_0835.jpg

 

IMG_0836.jpg

 

でも、そんなネガは気にならないほど刺激的な乗り味がコイツの持ち味だから

アクセルは開けるのが正しい使用方法。

 

でもね、今の今まで知らなかったんだ...。

 

IMG_0847.jpg

 

この時の帰り道。

いちおう往路のガス欠間際の件があったんで、燃費走行というか

100キロ巡航のレベルで走ってきたら、その後の給油でビックリ!

なんと、リッター20km走っていた。

このバイクを作ったのは2000年なんで、既に17年経ってるはずなのに

そんなことを今気付く自分にもビックリ(笑)。

 

IMG_0837.jpg

 

Dキャブは加速ポンプが付いてないから

大排気量ならではの低回転維持で走ってると

たぶんインターミディエイトのジェットしか使ってないんだろうね。

それにしても燃料消費率に幅が広いわ〜。

 

さすが『gas guzzler』!

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL