暇人の映画観賞

大阪に出張してきているが、仕事は21時以降の夜中になってしまうから
昼は長ーい空き時間になってしまう。

とりあえず、PCで出来る雑用的業務をホテル内でやっつけて、後は自由時間…。

こういうときは映画に限る、と自分を納得させ速攻で出かけた。
こないだは難波のTOHOシネマズに行ったから
今回は梅田のTOHOシネマズにすることに…。

ただ気分を変えただけで、全然意味は無いが。

見た映画は『ソーシャル・ネットワーク』。


デビッド・フィンチャー監督作品でFACE BOOKの生まれた背景を描くもの。

実話を元にしているから、全編通して淡々と進んでいくのだけど
現在、過去をリンクさせながら飽きさせない展開にしている監督の手腕は見事かな。

ただPCに疎いアナログ人間を相手にしていないのは確かで
もしかしたら、FACE BOOKの啓蒙活動映画か? とも思えた。
まあ今だから面白く見れる映画で、10年後に見ようと思うかは微妙ですね。


笑えたのは、映画館に入り自分の席に着こうとしたら
同じ仕事で大阪入りした、付き合いの長い仲間である音響効果のコに
バッタリあったこと…。
暇つぶしをしようとすると、同じような行動を起こすってことですね。

で、ついさっきそのコからFACE BOOKで友達の誘いを受けてしまいました(笑)。
FACE BOOKの使い方と面白さは未だに分からないんですけどね〜。

なんせアナログ人間ですから(笑)。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL