古新しい

古いモノは好きだが、別に懐古趣味があるわけではない。
モノも自分と共に時間が経ってゆくのが理想。

ただ、カタチの趣味としてレトロフューチャーはビンゴ。




こんな体の自転車が身近にあったら、ちょっとした近所のお使いも楽しそうだ。


こっちだと、ちょっとヤリスギ感はあるか?
いや、でも素敵だ。

最近この手の新しく組んだ古いカタチの自転車が非常に気になる…。


ファット・ビューティ

前にも別車両で書いたBLACK SHEEP BIKES。

ここの造る自転車はタイタニウムをフレーム材料とした超ハイクオリティなものばかり。
しかも、どれもラインが素晴らしく美しい。

537917_10151419031713553_171363734_n.jpg

柔らかくカーブを描くフレームライン

541534_10151419032113553_1270981138_n.jpg

400660_10151419032253553_445216576_n.jpg

321559_10151419032308553_125988507_n.jpg

各所の造りもとんでもなく丁寧極まり無い。

そんな美しいマシンの違和感…いや、別におかしくはないのだけど…

481115_10151419031338553_640094195_n.jpg

399802_10151419032008553_223577530_n.jpg

美しいフレームにファットタイヤの組み合わせ…

32397_10151419031683553_2114010656_n.jpg

305808_10151419031568553_1879520120_n.jpg

これはこれで見事なバランスです。

う〜ん、欲しい!

改造チャリ

日本では法規の縛りがメンドクサイから復旧させることは難しいだろうけど
とても気軽&便利な感じがするのが、モペット。


160ccのエンジンを積んでるとのことだけど、元は完全に自転車のベースだ。

う〜ん、このまま家の周りを乗り回したいな〜。

電動チャリ…バイク?2

先日アップしたアウディのエレクトリック・バイクの詳細画像が出てきた。

それは想像以上に素晴らしいもの。
凄い出来。

Audi-e-bike-Worthersee-13-635x448.jpg

Audi-e-bike-Worthersee-28-635x423.jpg

Audi-e-bike-Worthersee-29-635x423.jpg

Audi-e-bike-Worthersee-32-635x423.jpg

完成度はすこぶる高く、細部まで現実的な形状だから
コンセプトと言いつつ、普通に市販までもっていけそうな感じ。

Audi-e-bike-Worthersee-25-635x448.jpg

ただここまでハイクオリティだと、問題は値段ですかね〜(笑)。

電動チャリ…バイク?

アウディのエレクトリック・バイクは
コンセプトながら素晴らしい出来。


クランクペダルが付いてるから電動のモペッドといったカテゴリーなんだろうかね。


まだ正式なディティールの出た写真もないけれど
動画を見るかぎり実にスタイリッシュだ。


実用車

自分が子供の頃は街に溢れていた…
今はもう殆ど見ることがなくなった…


チェーンカバーが付いていないのが残念だけど
メカニカルブレーキ(?)を持つこのタイプの自転車を見つけることは
ほんとに難しい。

こいつは、この前舞台の仕事をやった時に使った小道具の自転車なのだが
懐かしさから、改めて見入ってしまった。


頑丈な荷台…板ゴム巻いといたほうが雰囲気かな?


ARAYAのやつだったんですね。


伝統のブレーキ。
こいつの動きが堪らなく好きだ!


シンプルな構造ですよね。
ブレーキシューの下はガイドで抑えてるだけですから。


いやーイイな〜。
うちに持って帰りたかったくらいに…。

タイタニアム・クラシック

大好きでいつかは欲しいBLACK SHEEP BIKESの自転車。

ここの自転車はフレームが全てチタン製という現代的なものだが
しかしそれを柔らかい曲げを多用したデザインを採用することで
美しいクラシックさを得ることに成功している。

ラインナップは色々あるのだけど
自転車としては(乗り物としては?)驚愕の36"ホイールを履いた
こいつが自分的に最高である。

383396_10150637075303553_129436858552_9303296_1122471193_n.jpg

単体で見る感じではバランスの違和感は全く無く
むしろクラシックさが強調されている感じ。

306078_10150637076173553_129436858552_9303314_82232189_n.jpg

389334_10150637075703553_129436858552_9303302_541100537_n.jpg

405305_10150637075828553_129436858552_9303305_1255919093_n.jpg

細部の仕上げも完璧。

305947_10150637076378553_129436858552_9303319_1851508225_n.jpg

素晴らしい出来です。

319891_10150637076573553_129436858552_9303324_986473266_n.jpg

んぅん…イイな〜、欲しいな〜。



極太

先日、極太タイヤを履いた電動自転車HANEBRINKのことを書いたので
その続きで、お気に入りになった別の一台のことを…。


このパーツ…一体何だろう、と知らない人だったら絶対思うはず。


この写真を見ての通りホイールのリム。

自転車に履くには太すぎて重量がかさむのを軽減するために施された
肉抜きが特徴的で…ってか自分もこんなの見たことないし…。

だってその穴からリムフラップがムリっと出てきてしまってるんですよ…
そうとうアンビリーバボーなホイールです。


こんな凄まじいことをするのは、やっぱりSURLY。
名はMOONLANDER、遊び心に溢れてます!

こうして見てても、スリムなクロモリフレームがマッチョなタイヤと
意外なバランスを保っていますね。


あぁ、でもこうして見ると自転車としては凄まじいばかりの太さ!
100mm幅のリムに4.7inch(約120mm)のタイヤ…

シビレます!!



オートバイ風ジテンシャ

最近フリーライド系のデザインをされた自転車風オートバイが気になる。


あっ…これは逆…

オートバイ風自転車でした。
これはいくら何でもヤリスギですね〜。
明らかにバネ下重すぎ(笑)だろうし……そういう問題でもないか…。


そういえば昔、MTBで超ファットなバルーンタイヤを使う
HANEBRINKってフレームビルダーがいたなぁ…と
この画像を見たら思い出したので、今はどうしてるのか気になり
チョイとネット検索してみた。

そしたらでてきたのは…


おおっ! 今でもやってる!!
しかも良く見ると、今時らしく電動化されてるではないですか。


スゴっ…これはきっと自転車を股がってる感じがしないですね。
でもこれは前者のように、無理矢理バイクの足回りをインストール
した訳ではないから、ちゃんとデザインされててカッコ良いです。


その昔もバルーンタイヤなら道を選ばず、砂地でもものともしません
っていうのが売り文句だったと記憶している。


動画を見ても、とても気持ち良さそうです。




FAT TIRE

バイクだけのみならず、自転車でも最近見かけるのが
走行性能はさておいてしまったようなぶっといタイヤを履くMTB。


もともとはこの画像のように雪道や砂浜を走る為の装備なのだろうが
この手で街中を走ってる強者もいる。

もちろん個人的にはこのアホっぽさが大好きである。


この太いタイヤを履くMTBはアメリカのコロラド州に居を構える
Black Sheep Bikes の車両。

チタン素材で柔らかいイメージを造るフレームが最高!


一台の中に驚きがあります。