ビルの一角で

ロスはリトルトーキョーにある建物の一角で佇むノートン・コマンドー…

DSC_0123.jpg

DSC_0121.jpg

地面に付いたオイル染みが、いつものこの場にあると分からせてくれる。

DSC_0122.jpg

DSC_0125.jpg

古くとも走り込んでいる感じが良く出ています。

DSC_0128.jpg

DSC_0127.jpg

DSC_0131.jpg

DSC_0132.jpg

これが日常に馴染んだ美しさ…。

XR出撃準備

来週のA.V.C.C.に向けて、2台のXRがHOT-DOCKファクトリーにてスタンバイ。

P1040963.jpg

P1040972.jpg

P1040985.jpg

P1040975.jpg

いやね、正直こりゃヤバいカッコ良さですよ。

XRを知り尽くしたシャチョーが組んだマシンならではです。

P1040976.jpg

P1040981.jpg

P1040982.jpg

この手が好きな人は、クラブマン・ロードレースは絶対ツボに嵌まります!
6月30日、来週日曜は富士スピードウェイに行って楽しむのが吉です。

P1040984.jpg

ハイクオリティ・グッツィ

最近BMWのKに乗るようになってからクランク縦置きのバイクが
特に気になるようになってきた。
その中でもモト・グッツィが堪らなく良く感じる。

mondego8negro1.jpg

もともと総じてモッサリした感じのバイクだから
それを美点として見るようなんだろうけど
弄り方によってはこんな絶妙にハイセンス&ハイクオリティなものに生まれ変わる。

mondego8negro8.jpg

特に書くことはない…
見てるだけでウットリできる素晴らしさ。

mondego8negro3.jpg

mondego8negro2.jpg

mondego8negro5.jpg

mondego8negro6.jpg

mondego8negro7.jpg

mondego8negro9.jpg

mondego8negro9a.jpg

mondego8negro9b.jpg

mondego8negro9c.jpg

mondego8negro4.jpg

しかし、このロケーションというか
あえて室内で撮ってる感じもすごく合ってる。

こちらもハイセンス&ハイクオリティ!



ロング・ホイールベース

国産スーパースポーツをベースに、6インチ〜10インチくらいスイングアームを伸ばして
ドラッグレースのカテゴリーであるシュートアウト、そのスタイルのカスタムにすることも
ポピュラーになって久しい。


一瞬ロング・ホイールベースから感じる印象で
このCBRもそのカテゴリーに見間違えてしまいそうだが
よく見ると、えらく違和感を感じる。

そう、その中身や恐るべし!…コンパクトなスーパースポーツのシャーシーに
GL1800、いわゆるゴールドウィングの水平対向6気筒のエンジンが積んである。
できるだけ詰めて詰めて、エンジン長を短くしたマシンに
わざわざ縦置きのエンジンを組み合わせる、この理不尽さ…。

まったく凄いことを考える人がいるもんだ。

しかもチェーンではなくてシャフトドライブなんだから
その移植の難しさは押して知るべし。


まあ、格好良いかどうかは置いといても乗り味には非常に興味が湧きます。
なんといっても軽量な車体に、ブ厚いトルクの塊のようなエンジンですからね〜。

レトロチック・ニューエンジン


ロゴを見ればすぐ分かるメーカーのニューエンジン。

今までの社外ハーレーエンジンの体は、これでほぼ払拭されてみえる。


こんなレトロフューチャーな感じは嫌いじゃないな。

特にこんな映像があると余計にね。



特徴

最近はカフェレーサー風でスタイリッシュなバイクを良く見かける。

リヤセクションを短めにシンプルに組む。

全体のバランスも考えなきゃいけないのは当たり前な話しだけど
それでも前述のことを具現するだけでモッタリした感じがなくなり
実際かなりカッコ良くなるから不思議なもの…。

そんなことで出来上がったカスタムも多いが
でもそれだけじゃ喰い付くほどの面白みにはならなく
自分的にはスルーしてしまう…。

882440_532399376804191_620342765_o.jpg

857370_532398043470991_1287646077_o.jpg

変な前置きをつけてしまったが、思いっきり目にとまったはこのモトグッチ…

このバイクはそんな単純な話しではないくらいバランスの追求と
細部の造り込みまで拘ったカスタムで、そのスタイリッシュさに併せ
もともと持った特徴がアンバランス感を産み、次のレベルに昇華している。

882306_532398183470977_1200394815_o.jpg

そう、縦置きVツインならではの存在感。

前後に流れるラインを塞き止めるかの如くの大きなエンジン…。

859627_532397893471006_2083239643_o.jpg

857813_532398373470958_839453764_o.jpg

やはりエンジンが特徴的なバイクをモチーフとしたカスタムが最高だ!

スクランブラー

どちらというと落ち着いていて重厚なフラットツインが
こんなにも軽快なイメージになるんだね…

bmw-r100-rs-1.jpg

bmw-r100-rs-2.jpg

こうして見ると強烈なバランスだけど

bmw-r100-rs-3.jpg

斜めから見ると全く違うバイクに見える。

bmw-r100-rs-4.jpg

bmw-r100-rs-5.jpg

bmw-r100-rs.jpg

いやいや…フラットツインは懐が深いわ。

ビッグツイン・カフェ

5.jpg

ハーレーツインカムとダイヤモンドタイプのフレームの組み合わせ…
Vバンクセンターとプッシュロッドのラインに合わせたハンガーが特徴的。

4.jpg

3.jpg

こりゃもうハーレーのイメージではありません。
これらの写真見たときはヤマハのMT-01のカスタムだと思ったくらいで…

細部も結構作り込んでいて面白いです。

2.jpg

7.jpg

あ、STACKのタコメーター使ってますがどうなんでしょ?
自分のは振動等で全く役立たずでしたが。
(ハーレーとの相性が悪いと代理店は言っていました)

6.jpg

プライマリー側にもハンガーが一体化していたり
スイングアームのエッジの効かせ方だったり
独創的でカッコ良いカスタムマシンです。

EICMA ミラノ・ショーに出ていたというKTMのコンセプト
1290 Super Duke R


戦闘的に見せるにしても、ここまでやるかってデザイン…


相変わらず斬新さが眼につきます。


お前怒ってるんだろ的な身構え方なんだけど
ハンドル・シート・ステップの関係を見ると
意外とコンパクトでイージーなポジションだから
暴力的な性格を押さえ込む為、意図的にこうしたようにも読める。


カッコがイイし面白そうなバイクだ。

ネス

好き嫌いはもちろんあるけれど、常にクリエイトし続けるビルダー…

Arlen Ness

もうオジイチャンなのにこのセンスは一体どうしたことなのか…


Arlen, Cory, Zackと続く脅威の3世代ビルダーの頂点…

…でも、まだまだ孫や若いもんには負けねえってオーラが出ているようです。


素晴らしい!