ポンピドゥ・センター4

DSC_5327.jpg

現代美術館らしく、時代のエッセンスが強い工業製品も収蔵されている。

DSC_5319.jpg

このあたりはレプリカも多く出てますね。

DSC_5326.jpg

DSC_5325.jpg


椅子の座り心地は大事だけど、オブジェとしても空間を支配する力を持ってるから
結果座れる、なんて考え方をしてみても面白い。

DSC_5367.jpg

DSC_5365.jpg

いま自分が使っている人間工学に基づいているだろう(ただのライオン)ハブラシと
こんな美しいハブラシ(美術館に飾ってあるという事実!)のどちらが
生活を豊かにするかは考えるまでもない。
もちろん、一本いくらするかは重要だが…(笑)。

DSC_5321.jpg

DSC_5320.jpg

家電や音響製品…デジタル化していって忘れてしまった楽しさが、ここにある。
こりゃ欲しい!

DSC_5359.jpg

色の使い方がフランスっぽくて実に楽しい。

DSC_5364.jpg

DSC_5381.jpg

DSC_5501.jpg

色んなジャンルの芸術作品があるけれど、こういった作品は純粋に格好良くって好きだ。

DSC_5503.jpg

DSC_5525.jpg

DSC_5523.jpg

ロスにあった洋服屋さんのことを先日のブログで書いたけど
ああいった内装ベースで、こんな感じのオブジェの組み合わせで
ガレージを作ったらホント最高だろうな…。

考えてみると木村さんのチャボ・エンジニアリングなんて、そんなイメージだったかも。

DSC_5521.jpg

DSC_5526.jpg

DSC_5524.jpg

DSC_5522.jpg

DSC_5484.jpg

フランシス・ベーコンは良いねぇ。

DSC_5482.jpg

はて、現代美術は難解?

ポンピドゥ・センター3

DSC_5453.jpg

DSC_5451.jpg

DSC_5452.jpg

君はどこの世界を見ている?

DSC_5472.jpg

DSC_5470.jpg

ジョジョの石仮面を思い出すような作品…。

DSC_5457.jpg

自分の大好きな彫刻家…ジャコメッティの作品。

DSC_5460.jpg

DSC_5455.jpg

DSC_5456.jpg

DSC_5461.jpg

DSC_5459.jpg

DSC_5397 のコピー.jpg

DSC_5410.jpg

DSC_5409.jpg

DSC_5391.jpg

これの巨大版遊具が、箱根は彫刻の森にありますね。

DSC_5369.jpg

DSC_5371.jpg







ポンピドゥ・センター2

自分はアートと呼ばれる世界が大好き。
描くことはもとより、その世界に浸り観るのも悪くない。

昔は写実こそが命だったが、ある時にそれがひっくり返り現代美術が好きになった。
意味が解らない…最初はそう。
もちろん今でも意味は解らないものも多いし、ヘタをすれば良さもわからないくらいで
作品を前に、なんじゃコリャなんて…思わず口に出しちゃう位だったりもする。
でも予想を裏切るようなもの、想像もしなかった世界が広がる…
そんなものを観ると、自分は小さく…人の思慮深さを痛切に感じたりできる。
そこで改めてオープンになれる感覚が堪らなく楽しい。

DSC_5330.jpg

DSC_5307.jpg

ポンピドゥ・センターの近代美術館…自分はルーブルの古典よりも
こちらの方が肌には合っている。

DSC_5308.jpg

こうして写真も撮れるし、みんな気楽に美術を楽しんでる雰囲気が感じられたりするとこが
やはり日本とは違う。

DSC_5392.jpg

しかも所蔵数がハンパではない。

DSC_5310.jpg

DSC_5318.jpg

DSC_5317.jpg

こういった世界に於いては頭をカラッポにして、まず空気感を楽しむべし。

DSC_5316.jpg

DSC_5336.jpg

DSC_5344.jpg

DSC_5338.jpg

DSC_5375.jpg

DSC_5351.jpg

DSC_5349.jpg

DSC_5366.jpg

DSC_5345.jpg

DSC_5374.jpg

DSC_5384.jpg

そう、心と頭をオープンにして。

ポンピドゥ・センター

レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが設計した、パリにある70年代の前衛建築。

DSC_5280.jpg

建物内の配管関係を外構に追いやり、広々とした内部空間を確保し
更にそれを見せる事で建造物としての特徴とした。
その前衛建築はいま見ても古さを感じさせない…と言いたいところだが
さすがに時間が経ってるから、古臭さはやはりある。

DSC_5281.jpg

とは言え、これが70年代…40年前の設計と考えるとその先進性を感じる事ができる。

DSC_5287.jpg

DSC_5283.jpg

もっとも自分にとって先進性なんてどうでもよく…
要はカッコイイか悪いか…好きか嫌いか…
そっちの方が大事。

DSC_5286.jpg

DSC_5288.jpg

こうやって写真をバンバン撮ってる時点で答えは明白。

DSC_5293.jpg

DSC_5291.jpg

自分にとってはカッコ良く、そして大好きな感じ。

たかが配管…細長い円筒であるだけのものなのに、集積体となると俄然力を増し
自分の心に突き刺さる…。

DSC_5295.jpg

DSC_5294.jpg

DSC_5297.jpg

反対サイドはこんな感じだが、やはりパイプが山ほどある方が萌える。

DSC_5299.jpg

1階の内部空間。
この中に結構な規模の近代美術館や図書館がある。

ルーブル7

男の子的には大好きな武器・防具…

DSC_6014.jpg

DSC_6016.jpg

ただの戦いに対する性能追求では無い、畏怖すべき美しさ…

DSC_6018.jpg

DSC_6010.jpg

DSC_6011.jpg

DSC_6012.jpg

DSC_6017.jpg

DSC_6019.jpg

DSC_6020.jpg

DSC_6021.jpg

この4連砂時計のカッコ良いこと!
何に使ってたかは全く分かりませんが…(笑)。

DSC_6025.jpg

DSC_6023.jpg

DSC_6024.jpg

DSC_6034.jpg

DSC_6031.jpg

DSC_6030.jpg

しかし、ルーブルには名画と呼ばれるものが山ほどあるのに
こういった工芸品や彫刻ばっかUPしてしまうのでしょうか?
我ながら趣味が偏り過ぎでしょうか…。

DSC_6040.jpg

DSC_6041.jpg

そんな自分の趣味を置いといても、こりゃヤバイ!!

ルーブル6

ルーブルに飾られた調度品たち…

DSC_5921.jpg

DSC_5923.jpg

DSC_6002.jpg

DSC_6007.jpg

DSC_6008.jpg

DSC_5916.jpg

DSC_6006.jpg

DSC_5919.jpg

か、カッコイイ!

DSC_5920.jpg

DSC_5905.jpg

DSC_5904.jpg

DSC_5913.jpg

DSC_5918.jpg

DSC_5896.jpg

DSC_5894.jpg

なんだか凄すぎて燭台として使うのが勿体無い。

DSC_5898.jpg

DSC_5915.jpg

DSC_5886.jpg

DSC_5889.jpg

DSC_5914.jpg

たかが調度品とは絶対言えない…
こんなレベルのモノを創るのに、どれだけの労力がかかってるかって考えると
本当に恐るべしだ。
ひとの能力ってスゴイ…。

ルーブル5

ルーブル美術館って噂以上に規模がデカいのと、基本的に古典絵画や彫刻が殆どな為
見ているうちに有り難みが薄くなってくるのがネック…。
そう言う時はちょっと見方を変えてみたりするのが自分的な鑑賞法。

ちょっと失礼な感じなんだけど…。

DSC_5964.jpg

見てください。

良いでしょ?

絵もそうなんですが…額がまた素晴らしいんです(笑)!

DSC_5970.jpg

名画を飾り付ける為の額装ですが、ディティールが良ければ
これだけでも十分楽しめるもんなんです。

DSC_5967.jpg

DSC_5965.jpg

DSC_5971.jpg

デコラティブなものからシンプルなものまで様々。

DSC_5974.jpg

DSC_5966.jpg

絵を見る。 モノを見る。 空間を見る。

見方を変えれば、どんなものでもきっと楽しめるはずです。

自分の生きてる世界が古典絵画とはかけ離れていようとも
繋げる気になれば、何にでも繋がるはず。
そして参考になるはず。

DSC_5972.jpg

DSC_5969.jpg

DSC_5968.jpg

ルーブル4

ルーブルには絵画・彫刻だけではなく装飾や空間もみせる。

DSC_5836.jpg

DSC_5842.jpg

ゴージャス!
悪い意味ではなく、それ以外に語ること無し。

DSC_5829.jpg

DSC_5870.jpg

DSC_5828.jpg

DSC_5832.jpg

DSC_5835.jpg

DSC_5845.jpg

DSC_5868.jpg

DSC_5849.jpg

このソファの素晴らしさはどう?

DSC_5851.jpg

作られた時代背景が気になるくらいデザイン性が優れている。

DSC_5847.jpg

DSC_5852.jpg

DSC_5861.jpg

DSC_5867.jpg

これぞどこかで見たような食卓…
自分のような一般人には、落ち着かない食事しかできない気がする(笑)。

DSC_5863.jpg

当然、調度品も凄まじいレベルにある。

DSC_5864.jpg

DSC_5872.jpg

ルーブル3

ここには面白い、というか良い彫刻が沢山ある。

DSC_5799.jpg

あ、いけね…トップ写真がいきなり重すぎた…。

DSC_5812.jpg

DSC_5804.jpg

DSC_5817.jpg

DSC_6101.jpg

DSC_6105.jpg

宗教系はやっぱ思いかな…

DSC_6047.jpg

DSC_6048.jpg

DSC_6049.jpg

凄まじい迫力の群像。

DSC_6051.jpg

DSC_6053.jpg

DSC_6055.jpg

DSC_6056.jpg

DSC_6058.jpg

DSC_6060.jpg

DSC_6061.jpg

あ、手裏剣が頭にっ…

DSC_6070.jpg

DSC_6100.jpg

DSC_6103.jpg

DSC_6107.jpg

DSC_6109.jpg

どこかで見たことあるような…
しかし美しいフォルムです。

DSC_6110.jpg

前から見ないほうがよいかな?

ルーブル2

この美術館最大のアイコン…ピラミッド

DSC_6213.jpg

日本の美術館と違って、全てではないが写真を撮っても問題がないというのは驚きである。
作品も触れるくらい近くまで寄れるし、実際柵なんてものは殆ど無いから
美術品を実に身近に感じることができる。

DSC_5674.jpg

有名なサモトラケのニケ…階段ホールの踊り場にデンと置いてある。

DSC_5734.jpg

瀕死の奴隷とか…

DSC_5756.jpg

ミロのヴィーナス

有り難みを感じないくらい無造作である。

DSC_5697.jpg

ただ、この作品だけは別格でした。

混むと分かっていたので、これは朝一で見たから良かったんですが
その数時間後、再び飾られた部屋に来たら…

DSC_6180.jpg

なんじゃこりゃ…

はるか彼方まで人混みで、作品を見に行こうと思えるレベルではありません。
無論ここまで混んでるのは特別で、他はここまでではなかったので一安心。

DSC_6174.jpg

DSC_5982.jpg

DSC_5977.jpg

ただ作品の展示の仕方があまりに『埋め尽くす』的なので、ちょっと勿体無い。

DSC_5708.jpg

DSC_5716.jpg

DSC_5727.jpg

DSC_5731.jpg

特別展示で現代美術も若干混じってます。

DSC_5795.jpg

DSC_5796.jpg

DSC_5798.jpg

DSC_5740.jpg

DSC_5759.jpg

DSC_5761.jpg

DSC_5770.jpg

DSC_5780.jpg

DSC_5782.jpg

DSC_5788.jpg

DSC_5793.jpg

絵画と同じく彫刻も凄い所蔵量です。