エルミラージュ25

DSC_2475.jpg

こんなハリボテ感があるマシンでも本物を感じてしまうのは
やはりこのドライレイクというシチュエーションにある。
湿気が全く無く、ジリジリと肌を焦がすような日差しの下で
ひたすら伸びてゆくエキゾーストノート…地平線の彼方に立ち上る砂煙。
日本にいる限り見る事の出来ない光景だから。

DSC_2478.jpg

DSC_2477.jpg

DSC_2479.jpg

DSC_2195.jpg

DSC_2201.jpg

DSC_2202.jpg

DSC_2204.jpg

DSC_2203.jpg

DSC_2205.jpg

DSC_2210.jpg

DSC_2211.jpg

エルミラージュ24

DSC_2185.jpg

DSC_2178.jpg

DSC_2180.jpg

DSC_2181.jpg

DSC_2186.jpg

DSC_2184.jpg

DSC_2199.jpg

DSC_2200.jpg

似てますが、ここからは違うクルマです。

DSC_2196.jpg

DSC_2188.jpg

DSC_2187.jpg

DSC_2189.jpg

DSC_2197.jpg

DSC_2193.jpg

DSC_2191.jpg

DSC_2198.jpg


エルミラージュ23

DSC_2331.jpg

DSC_2324.jpg

DSC_2326.jpg

でっけ〜ブロワーだ。
アメリカっぽくて実に格好良いね。

DSC_2329.jpg

DSC_2323.jpg

DSC_2327.jpg

DSC_2339.jpg

DSC_2340.jpg

DSC_2333.jpg

DSC_2338.jpg

DSC_2336.jpg

DSC_2342.jpg

DSC_2334.jpg

DSC_2347.jpg

DSC_2341.jpg

DSC_2345.jpg

エルミラージュ22

いやいや、ここんとこ毎日暑いこと…しんどいことこの上ないですね。

エルミラージュも暑かったですが、乾燥してる分まだマシだったかも。

DSC_2413.jpg

DSC_2019.jpg

DSC_1888.jpg

DSC_2165.jpg

DSC_1821.jpg

DSC_2117.jpg

DSC_2299.jpg

DSC_1798.jpg

DSC_2176.jpg

DSC_1993.jpg

DSC_1901.jpg

DSC_2125.jpg

DSC_2271.jpg

DSC_2128.jpg

DSC_2260.jpg


エルミラージュ21

DSC_2215.jpg

DSC_2212.jpg

DSC_2213.jpg

2輪4輪問わず、色んな年代…様々な形状のマシンが集まるスタート地点…
緩いような緊張感溢れるような…何とも不思議な空気感があります。

DSC_2217.jpg

DSC_2216.jpg

DSC_2228.jpg

DSC_2229.jpg

DSC_2218.jpg

DSC_2224.jpg

DSC_2219.jpg

DSC_2220.jpg

DSC_2226.jpg

この狭い空間で世界最速を目指す心境とは?

DSC_2230.jpg

DSC_2232.jpg

DSC_2237.jpg

DSC_2240.jpg

DSC_2243.jpg

エルミラージュ20

DSC_2278.jpg

DSC_2279.jpg

DSC_2276.jpg

DSC_2274.jpg

DSC_2254.jpg

DSC_2305.jpg

こうやってカタチを見てゆくと、やっぱりハーレー系のVツインエンジンが好きだな〜。

DSC_2312.jpg

DSC_2313.jpg

DSC_2307.jpg

DSC_2314.jpg

DSC_2316.jpg

DSC_2308.jpg

DSC_2310.jpg

DSC_2311.jpg

DSC_2309.jpg

エルミラージュ19

DSC_2302.jpg

ドラッグレーサーがベースであろうマシン。

エンジンを全開にしてる時間が圧倒的にランドスピードの方が長いから
同じ仕様での参加は不可能だろうけど
基本的にコーナーで曲がる必要性が無いから
用途変更はそう難しいことではないようなマシン作りだ。

DSC_2320.jpg

DSC_2319.jpg

DSC_2318.jpg

さすがに砂埃舞う中で完全なオープンプライマリーは無いのだろう。

DSC_2321.jpg

DSC_2322.jpg

DSC_2351.jpg

DSC_2353.jpg

DSC_2352.jpg

DSC_2357.jpg

DSC_2355.jpg

ドラッグとは違うので、スタートの迫力はなくとも
息が長く伸びきっていくエンジン音を聞いてると、その緊張感が伺い知れる。

DSC_2363.jpg

ハイチューニングエンジンでレブリミッターが効いた状態のまま
アクセルを開け続ける感覚ってどんなものだろう。

エルミラージュ18

DSC_2300.jpg

本人は真面目でもなんかコミカルに見えてしまう…

DSC_2437.jpg

DSC_2439.jpg

DSC_2441.jpg

自分がこれから走り行く先を見据えて、何を思う。

でも、スイマセン…笑ってしまいそうです…。

DSC_2444.jpg

DSC_2469.jpg

DSC_2385.jpg

P1060007.jpg

DSC_2306.jpg

P1060015.jpg

こんなボロトラックが、また最高にカッコ良くみえます。

P1060016.jpg

P1060018.jpg

P1060017.jpg

P1060019.jpg

素晴らしいビジュアル!

DSC_1732.jpg

DSC_1733.jpg

DSC_1735.jpg

どんなカテゴリー、どんなマシン、どんな人物であろうと
走り出したら、狙うは最高速度記録のみ…実にシンプルです。

だから面白い!

エルミラージュ17

DSC_2474.jpg

好き者達が自分の為に運営するお祭り…いや、年に複数回開催されることを考えると
お祭りなんて言い方は失礼かもしれないけれど、初めてこの光景を目にした者は
みんなそう思うんじゃないだろうか。

DSC_2470.jpg

DSC_2472.jpg

DSC_2471.jpg

DSC_2473.jpg

恐るべき短さのエキパイ…。
ピークパワー狙い?…これではそれも狙えないんじゃないかという気がするんだが
もちろん何かしらのノウハウがあるのだろう。
長年参加することで見えてくることあるだろうから…。


DSC_2457.jpg

DSC_2459.jpg

DSC_2466.jpg

DSC_2463.jpg

DSC_2464.jpg

本当に様々な車両が参加している。
カテゴリー分けされた出走順がある訳でもないから、見事にバラバラ。

DSC_2465.jpg

DSC_2446.jpg

DSC_2447.jpg

DSC_2434.jpg

DSC_2450.jpg

DSC_2452.jpg

DSC_2453.jpg

DSC_2364.jpg

2014年は以下のスケジュールで6回開催されるよう。
ロスに行く予定が合うなら、是非足を運んでみては?

   May 17~18
         June 22
         July 13
         Sep 14
         Oct 19
         Nov 8~9


エルミラージュ16

DSC_2508.jpg

どこにその競技が行われているのか全く分からない場所…

DSC_2507.jpg

DSC_2512.jpg

DSC_2510.jpg

DSC_2513.jpg

近くには何にもありません…

DSC_2506.jpg

これまでの写真は昼間に撮ったものなんで、まだ分かりやすいのですが
朝方に乗り込んできた時はまだ朝日が上がる前だったので
レンタカーのカーナビを信じるしかなく…

P1050974.jpg

多少明るく補正してますが、こんな状況…

カーナビを信じようにも、そんなところに道はありません(笑)。
砂場であろうが道らしきところを適当に走り…

P1050979.jpg

それらしい車を見つけたら、とにかく追っかけます(笑)。

そこで辿り着いた場所が夢の世界!

DSC_2348.jpg

DSC_2215.jpg

夢を追い求める…なんて言葉が最高に似合う場がそこにあります。

DSC_2015.jpg

DSC_1985.jpg

DSC_2282.jpg

DSC_2459.jpg

DSC_2461.jpg

DSC_2372.jpg

DSC_2315.jpg

DSC_2224.jpg

DSC_2231.jpg

西海岸に行って日程が合うんだったら、向かう場所はここです。

ランドスピード・レーシングはマイナーかもしれませんが
普段見ることの出来ない世界が待っていますんで。

少なくとも自分は完全に虜になりました。

DSC_2257.jpg