COOL-BREAKER 2015 PREMIUM その6

これで手持ち写真は終わりです。

各ハーレー誌にも書かれている通り
COOL-BREAKERの歴史の幕は今回をもって閉じました。
日本のカスタムハーレーを牽引してきたショーだけに
その閉幕は非常に寂しいですが、これも時代の流れですね。
また何か新しい何かが始まるのを期待して待ちましょう。
さあ、誰が動くでしょうか…。

DSC08162.jpg

DSC08192.jpg

DSC_9424.jpg

DSC_9418.jpg

DSC_9426.jpg

DSC_9417.jpg

DSC_9420.jpg

DSC08164.jpg

DSC08165.jpg

DSC08163.jpg

DSC08161.jpg

DSC_9416.jpg

DSC08187.jpg

DSC08190.jpg

DSC08206.jpg

DSC_9395.jpg

DSC_9388.jpg

DSC_9391.jpg

DSC_9403.jpg

DSC_9394.jpg

DSC_9384.jpg

DSC_9382.jpg

DSC_9379.jpg

DSC_8957.jpg

DSC_9264.jpg

DSC_9262.jpg

DSC_8974.jpg

DSC_9375.jpg

DSC_9371.jpg

DSC_8933.jpg

DSC_9387.jpg

DSC_8969.jpg

DSC_9383.jpg

DSC_9381.jpg

DSC_8961.jpg

DSC_9385.jpg

DSC_8965.jpg

DSC_9374.jpg

DSC_9258.jpg

DSC_8938.jpg

DSC08210.jpg


COOL-BREAKER 2015 PREMIUM その5

いつまでも色褪せないだろう名作の競演。

DSC_9227.jpg

DSC_9239.jpg

DSC_9238.jpg

DSC_9232.jpg

DSC_9248.jpg

DSC_9250.jpg

DSC_9231.jpg

DSC_9198.jpg

DSC_9199.jpg

DSC_9188.jpg

DSC_9195.jpg

DSC_9189.jpg

DSC_9190.jpg

DSC_9191.jpg

DSC_9178.jpg

DSC_9185.jpg

DSC_9180.jpg

DSC_9174.jpg

DSC_9181.jpg

DSC_9176.jpg

DSC_9184.jpg

DSC_9158.jpg

DSC_9155.jpg

DSC_9156.jpg

DSC_9154.jpg

DSC_9168.jpg

DSC_9169.jpg

DSC_9084.jpg

DSC_9086.jpg

DSC_9079.jpg

DSC_9073.jpg

DSC_9072.jpg

DSC_9120.jpg

DSC_9133.jpg

DSC_9128.jpg

DSC_9116.jpg

DSC_9130.jpg

DSC_9124.jpg

DSC_9131.jpg

DSC_9141.jpg

DSC_9146.jpg

DSC_9144.jpg

DSC_9149.jpg

DSC_9206.jpg

DSC_9218.jpg

DSC_9216.jpg

DSC_9219.jpg

DSC_9203.jpg

COOL-BREAKER 2015 PREMIUM その4

DSC_9002.jpg

DSC_9026.jpg

DSC_9001.jpg

DSC_9017.jpg

DSC_9020.jpg

DSC_8980.jpg

DSC_9017.jpg

DSC_9006.jpg

DSC_9025.jpg

DSC_8986.jpg

DSC_9026.jpg

DSC_9018.jpg

DSC_9024.jpg

DSC_9036.jpg

DSC_9048.jpg

DSC_9051.jpg

DSC_9045.jpg

DSC_9038.jpg

DSC_9046.jpg

DSC_9040.jpg

DSC_9052.jpg

DSC_9063.jpg

DSC_9061.jpg

DSC_9069.jpg

DSC_9058.jpg

DSC_9067.jpg

DSC_9114.jpg

DSC_9101.jpg

DSC_9112.jpg

DSC_9115.jpg

DSC_9113.jpg



COOL-BREAKER 2015 PREMIUM その3

DSC_9236.jpg

DSC_9143.jpg

DSC_8979.jpg

DSC_8993.jpg

DSC_9031.jpg

DSC_8916.jpg

DSC_8923.jpg

DSC_9117.jpg

DSC_9175.jpg

DSC_9163.jpg

DSC_9070.jpg

DSC_9182.jpg

DSC_9205.jpg

DSC_9037.jpg

DSC_9044.jpg

DSC_8987.jpg

DSC_9088.jpg

DSC_9151.jpg

DSC_9244.jpg

DSC_9251.jpg

DSC_8968.jpg

DSC_8982.jpg

DSC_9076.jpg

DSC_9013.jpg















 

COOL-BREAKER 2015 PREMIUM その2

忘れた頃に続けます。

どこを切り取っても絵になる車両ばかりなので
画像は敢えて順不同で掲載しています。
資料として使いたい人はDLして並べ替えて下さいませ。
パズル的に見ていっても面白いかと。

DSC_8949.jpg

DSC_9071.jpg

DSC_9057.jpg

DSC_8963.jpg

DSC_9171.jpg

DSC_9220.jpg

DSC_8944.jpg

DSC_9089.jpg

DSC_8988.jpg

DSC_9201.jpg

DSC_9152.jpg

DSC_9196.jpg

DSC_9252.jpg

DSC_8983.jpg

DSC_9065.jpg

DSC_9121.jpg

DSC_9165.jpg

DSC_9053.jpg

DSC_8977.jpg

DSC_9127.jpg

DSC_9241.jpg

DSC_9122.jpg

DSC_9208.jpg

DSC_8960.jpg

DSC_8939.jpg

DSC_9047.jpg

DSC_9147.jpg

DSC_8941.jpg

DSC_8992.jpg

DSC_9142.jpg

DSC_9186.jpg

DSC_9193.jpg

DSC_8908.jpg

DSC_9179.jpg

DSC_9004.jpg

DSC_9230.jpg

DSC_9055.jpg

DSC_8998.jpg

DSC_9211.jpg

DSC_9043.jpg

まだ100枚以上続きます…。

COOL-BREAKER 2015 PREMIUM

COOL-BREAKERの集大成…日本のHDカスタム史の集大成と呼ぶべきか…。

DSC_9293.jpg

選出された12名の世界に誇るビルダー達のアートワーク。
(一人は故人の為、代理者。一人は不在の為、マシンのみの参加)

DSC_9410.jpg

DSC_9409.jpg

DSC08206.jpg

DSC_9405.jpg

DSC08240.jpg

2015年11月3日、横浜赤レンガ倉庫にて開催された。

DSC_9435.jpg

DSC_9134.jpg

DSC_9007.jpg

DSC_9085.jpg

DSC_9090.jpg

DSC_9125.jpg

DSC_9062.jpg

DSC_9030.jpg

DSC_9003.jpg

DSC_9068.jpg

DSC_9007.jpg

DSC_9042.jpg

DSC_9039.jpg

DSC_9074.jpg

DSC_9033.jpg

DSC_8978.jpg

DSC_9108.jpg

DSC_9080.jpg

DSC_9008.jpg

DSC_9015.jpg

DSC_9119.jpg

DSC_9056.jpg

DSC_9126.jpg

DSC_9022.jpg

DSC_8999.jpg

DSC_8950.jpg

DSC_8945.jpg

DSC_8952.jpg

DSC_8958.jpg

DSC_8932.jpg

DSC_8940.jpg

DSC_8984.jpg

DSC_8971.jpg

DSC_8973.jpg

DSC_9138.jpg

DSC_9222.jpg

DSC_9224.jpg



COOL-BREAKER PREMIUM

久しぶりのCOOL-BREAKERはPREMIUMと銘打って
今までの個人出展のブースを並べたショーとは違う
ビルダー招待制のミュージアム形式展示で開催。

場所もパシフィコ横浜の展示棟から横浜赤レンガ倉庫へ移る。

出展ビルダーはHD専門誌編集長ならびにフリーライターら
8名の推薦ポイント総計で決定され、それぞれが1〜2台の
過去に製作した代表作を持ち込むことになる。

それがどういうことかというと…
日本のHDカスタムシーンを作ってきたマシンが一同に会すること。
今までどんなショーも不可能だったことが、この横浜にて実現する。
ショーとして考えると台数は少ないが、敢えてそこを絞り込むことで
それぞれのマシンの持つ個性を浮き立たせる。

マシンはビルダーセレクトな為、現状では暫定的なセレクト写真しかないが
それでも十分テンションの上がるマシン達で
実物が並ぶのが非常に楽しみなことこの上ない!

titan.jpg

佐藤由紀夫


言わずとしれたHDカスタム黎明期(?)の最高傑作『TITAN』

!cid_C4F3ABDA-9EDD-4277-AEBB-9B1877F6045F.jpg

LONER-SAGE


CHERRYS.jpg

CHERRY'S COMPANY


kens.jpg

KEN'S FACTORY


zero.jpg

木村信也


!cid_1BA897FA-1A62-4057-972E-9503663DEC48.jpg

BAD LAND


_DSC1317.jpg

VIRTUOSO


tavax8.jpg

TAVAX


ChicaraArt03.jpg

CHICARA


wildroad.jpg

WILD ROAD


ZON.jpg

CUSTOM WORKS ZON


_MG_6680.jpg

HOT-DOCK





 …ということで、開催情報を…


日時:2015年11月3日(文化の日) 10:00~16:00

場所:横浜赤レンガ倉庫 1号館 3F

料金:3,000円(ワンドリンク付き)

赤煉瓦倉庫.jpg


今回このイベントに対する専用2輪駐車場はありません。
(4輪は赤レンガ倉庫の有料駐車場があります。)
近隣に無料の2輪駐車場は若干有りますが、そこを推奨することはできないので
各自で駐車駐輪の配慮をお願いします。
なお、ワンドリンクでアルコール類も選択できますが
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな…でお願いします。

個人的には電車で行って、一杯ひっかけながらマシンを眺め
日本のHDカスタムを語らい、徒歩圏内の横浜中華街あたりで本格飲み会…
なーんてのが良いですね〜(笑)。


詳細情報が出れば又アップします。

COOL-BREAKER in FISCO 11

そろそろ止めろって感じですが、いつもの如くアップは続きます。
オタク的アップ画像ばかりで若干気が引けますが…。

まずはマルマスさんのLSRレーサーから。

DSC_0051.jpg

DSC_0034.jpg

超ロングホイールベースは高速安定性を求めた結果で
それに付随するパーツ群も一つのある理想を追い求める為にだけ存在する。
短距離スプリントであるドラッグレースとは違う、最高速を出す為のセッティング…
日本国内ではそう見ることはできない、もの凄く興味深いマシンです。

DSC_0040.jpg

DSC_0052.jpg

DSC_0037.jpg

切り裂く…そんなイメージのビキニカウル。

DSC_0038.jpg

DSC_0036.jpg

前面投影面積を極限まで減らすために、異常なまで絞られたハンドル。

DSC_0032.jpg

車高調整の幅も広いようですが、まだ細かく試すにはいたってないようです。
国内でセッティングして試走する場所は皆無でしょうから
それだけで現地での苦労が想像できます。

DSC_0049.jpg

DSC_0047.jpg

DSC_0042.jpg

DSC_0031.jpg

この角度から見るとドラッグレーサーとの違いがよく分かります。
大柄ではあってもすごくナロー。

DSC_0044.jpg

空気抵抗を減らすため寝そべるような姿勢をサポートできるシート(?)。

DSC_0046.jpg

バックステップとビッグツインのデカいプライマリーを併せる為に必要なリンク。

DSC_0050.jpg

おそらく来年も参加されるであろうボンネビルチャレンジが実に楽しみであります!

DSC_0070.jpg

DSC_0067.jpg

DSC_0069.jpg

チェリーズさんのマシンに装着されたハイドロフォーミング(水圧成形)のマフラー…
こういった造形が最高に面白いです。

DSC_0072.jpg

DSC_0077.jpg

DSC_0075.jpg

DSC_0074.jpg

DSC_0079.jpg

DSC_0082.jpg

こういった造形を見るのは、先のLSRマシンとは違った楽しみがありますね。
同じハーレーという乗り物ジャンルの中で、何とバリエーションのあることか。

DSC_0084.jpg









COOL-BREAKER in FISCO 10

そんなに多くはなかったけど凄いカスタムもありました。
ライドインショーのとこで何回も貼ってるけど…オタク的詳細ということで。

DSC_0053.jpg

前後23”片持ちという凄いマシン!

DSC_0060.jpg

一回見たら絶対忘られない強烈なルックスです。

DSC_0061.jpg

DSC_0054.jpg

フロント大径ホイールをリヤにもセッティングすることで
そのナローさが強調されてますね。

DSC_0057.jpg

DSC_0056.jpg

DSC_0058.jpg

DSC_0062.jpg

DSC_0055.jpg

細かい作り込みも素晴らしいですね。

DSC_0088.jpg

DSC_0087.jpg

DSC_0026.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0028.jpg

DSC_0029.jpg

DSC_0610.jpg

HOT-DOCKの新作は以前AMD WORLD CHAMPIONSHIPに参加した時の
『RED GLADIATOR』をモチーフとしたマシン。
だからベースは4CAMスポーツを使用。

DSC_0611.jpg

DSC_0615.jpg

DSC_0617.jpg

DSC_0616.jpg

DSC_0618.jpg

DSC_0619.jpg

DSC_0614.jpg

DSC_0613.jpg

DSC_0608.jpg

DSC_0631.jpg

ユニットプロリンク系のリヤサス構造はホットドックのお家芸ですね。

COOL-BREAKER in FISCO 9

DSC_9990.jpg

ライドインショーに参加の為、HOT-DOCK仲間のマシン4台もFISCO入り。
一台づつでも結構なものですが、さすがにこれだけ集まるとバイクからの圧力が凄いです…。

DSC_9999.jpg

DSC_0013.jpg

DSC_9998.jpg

そんな4台の…

DSC_0008.jpg

顔…

DSC_0010.jpg

顔…

DSC_0011.jpg

顔…

DSC_0012.jpg

4者(車)4様の面白いフロントマスクです。

DSC_0017.jpg

DSC_0003.jpg

DSC_0020.jpg

DSC_0021.jpg

DSC_0023.jpg

DSC_9996.jpg

DSC_0005.jpg

DSC_0007.jpg

DSC_0018.jpg

DSC_0016.jpg

DSC_9995.jpg

DSC_9993.jpg

DSC_0014.jpg

DSC_9991.jpg