イントレピッド・エレメント

0

    今日は夏季休暇できてるNYより。

     

    退役した空母イントレピッドを改装して博物館にしたという

    正にアメリカらしい考え方の施設を20年以上ぶりに訪れた。

     

    若干子供騙し的な展示もあるのだけど

    昔のままの状態をみせてくれる展示スペースなんかは最高。

    特に艦橋部のパーツの作りがオタク魂に火を付けてくれるかの造形なんで

    そんな部分だけをアップしておきます。

     

    IMG_7278.jpg

     

    IMG_7282.jpg

     

    IMG_7253.jpg

     

    IMG_7255.jpg

     

    IMG_7257.jpg

     

    IMG_7262.jpg

     

    IMG_7269.jpg

     

    IMG_7273.jpg

     

    IMG_7274.jpg

     

    IMG_7275.jpg

     

    IMG_7284.jpg

     

    IMG_7285.jpg

     

    IMG_7286.jpg

     

    IMG_7287.jpg

     

    IMG_7289.jpg

     

    IMG_7290.jpg

     

    IMG_7291.jpg

     

    IMG_7292.jpg

     

    IMG_7294.jpg

     

    IMG_7296.jpg

     

    IMG_7299.jpg

     

    IMG_7300.jpg

     

    IMG_7302.jpg

     

    IMG_7305.jpg

     

    IMG_7310.jpg

     

    ね、ヤバいでしょ。


    THE LAST BOOKSTORE

    0

      JUGEMテーマ:本屋・書店

       

      ロサンゼルスのダウンタウンにある古本屋。

       

      でも多分、売ってるのはカルチャーそのもの。

       

      DSC01638.jpg

       

      DSC01641.jpg

       

      DSC01645.jpg

       

      DSC01568.jpg

       

      DSC01567.jpg

       

      DSC01546.jpg

       

      テナントは元銀行だったのか、恐ろしく興味の対象となりうるドアまで鎮座する。

       

      DSC01533.jpg

       

      DSC01537.jpg

       

      DSC01541.jpg

       

      DSC01538.jpg

       

      DSC01548.jpg

       

      DSC01551.jpg

       

      DSC01565.jpg

       

      DSC01587.jpg

       

      DSC01588.jpg

       

      DSC01558.jpg

       

      DSC01560.jpg

       

      DSC01632.jpg

       

      DSC01635.jpg

       

      DSC01584.jpg

       

      DSC01598.jpg

       

      DSC01625.jpg

       

      DSC01627.jpg

       

      DSC01553.jpg

       

      店内のインテリアは無国籍というか、完全に何でもアリ状態。

       

      DSC01611.jpg

       

      DSC01615.jpg

       

      DSC01624.jpg

       

      DSC01626.jpg

       

      DSC01525.jpg

       

      DSC01562.jpg

       

      DSC01564.jpg

       

      DSC01574.jpg

       

      DSC01576.jpg

       

      DSC01578.jpg

       

      DSC01581.jpg

       

      DSC01623.jpg

       

      DSC01639.jpg

       

      DSC01631.jpg

       

      本もレコードもアートも雑貨もあるけど、自分はこのショップの空間を見てるだけで十分。

       

      DSC01590.jpg

       

      相当楽しい場所です。

       

      『THE LAST BOOKSTORE』


      コクピット

      0
        コクピット…それは松本零士の世界。

        …男のロマンってことですな(笑)。

        DSC05774.jpg

        これはヘリのコクピット。

        DSC05776.jpg

        DSC05779.jpg

        DSC05777.jpg

        DSC05775.jpg

        メーターは並べば並ぶほどカッコイイ!
        用途は…もちろん問わず(笑)。

        ヘビーデューティ

        0
          普段スマホを持ち歩いてると、それだけでメモでもカメラでも時計でも
          一台でカバーできてしまうから、それ以外のものは持ち歩く必要が無くなってしまうんだけど
          なぜか腕時計だけはハメていないと気持ちが落ち着かない…
          こんな暑い時期はホント鬱陶しいはずなのに、キマリ物として外せないんだよね。
          実用としてより趣味嗜好的な意味合いが強いってことなんだろう。
          だから機械式のやつなんかは特に好みに合いいつでもしていたいんだけど
          そういうものは外乱には弱いから、いつもどんな気候でもバイクを乗り続けてる自分は
          普段用のヘビーデューティーなやつが欲しかった。
          だからと言ってG-SHOCKじゃちょっと子供っぽいし…って時に
          もう6、7年前のことだけどロスで立ち寄ったショップでたまたま目に入ったもの。

          P1020795.jpg

          サングラスメーカーのOAKLEYが出していた時計が自分の琴線にハマり購入。
          バカバカしいくらいのゴツさと突き抜けた形状が相当気に入り
          それからかなりの頻度でこれを使うようになった。

          機械式ではなくクウォーツだから何の気構えもなく使いたおせる。
          ぶつけてもOK!
          大事にしてるやつだと、ちょっとブツけだけで気になってしまうから
          このぐらいの道具感がとても心地良い。

          P1020801.jpg

          当初はTIME TANKなんて呼ばれてたものだから
          その名の如くベルトもキャタピラのデザイン(笑)。

          P1020796.jpg

          でもチタンボディだから見た目よりは大分軽い。

          P1020799.jpg

          こうやってGUZZLERと並べると系統が同じなのはさすがに自分の趣味…
          ちょっと笑っちゃいます。

          P1020800.jpg

          もう大分長いこと使ってますが、未だにお気に入りの一つ。
          このバイクと同じです。(このマシンはヘビーデューティではないけれど…)

          鉄砲打ち

          0
            アメリカ行くと必ず行ってしまうのがガンシューティング。

            DSC_9945.jpg

            P1050614.jpg

            当たり前だけど、日本には無いからね。

            P1050615.jpg

            P1050617.jpg

            ロスのここはマシンガンを選んでも連射できないんで、あまり面白くはない。

            P1050625.jpg

            P1050627.jpg

            P1050623.jpg

            こんなの見てると、何となく感覚はボウリングに近いかもしんない。

            P1050629.jpg

            P1050631.jpg

            P1050618.jpg

            P1050622.jpg

            P1050621.jpg

            好きな標的を探せるくらい多種類に渡るが、写真系はさすがに気が引ける…。

            DSC_9937.jpg

            DSC_9903.jpg

            DSC_9936.jpg

            射撃のレーン後ろはこんな感じだが
            ここに気の狂ったやつがいたら…なんて考えると、ちょっと恐ろしくなるんだけど
            よく考えてみると、この射撃場外でも銃を携帯しようと思えばそれも可能な状況だから
            アメリカ国内だったらそのリスクはどもでも一緒ってこと。
            銃乱射事件なんてのは正にその典型だ。

            DSC_9899.jpg

            当然だが、壁や天井は跳弾しないよう考えられている。

            P1050613.jpg

            標的をクリップで挟んで…

            DSC_9924.jpg

            的を送り込み…

            DSC_9906.jpg

            P1050608.jpg

            P1050607.jpg

            後は撃つのみ。

            DSC_9921.jpg

            なぜか勢いで顔面へ6発…改めて考えると恐ろしい狙い方です…。
            今度からは人間の絵も止めておくこととしますわ。

            DSC_9934.jpg

            前にも同じこと書いたけれども
            銃が日本になくて本当に良かったと思う。

            人間の性として、持っていたら絶対に撃ちたくなるし
            更に、世の中そんな自制が効く人間ばかりじゃないことを考えると
            重大事件が多くなることは間違いないだろうから…。


            まあ…散々ブっ放しておいといて書くことでもないですが。

            エイジング

            0
              エイジング…自分らの仕事上ではヨゴシと呼んでいる。
              経年変化を意図的に表す手法のことで、モデラーの人なんかは日常な単語だと思う。

              DSC06291.jpg

              先日開催されたガレージングEXPOでは数社がその技術を謳っていた。

              DSC06290.jpg

              このレンガは実際のレンガを貼付けてペイントされたものではなく
              モルタルの半乾きの状態から切削し形作ったものにペイントを施している。

              DSC06308.jpg

              実はそんなに珍しいものではなく、ディズニーランドやUSJなど
              造形絡みのアトラクションなどは相当な面積で使われている。
              本物の石を積み上げるのではコストがかかりすぎるし強度の問題も出てくるから
              現実的に理に適った手法なのだ。
              本当に良く見かけるとこと言えば、ショッピングモールのフロアなどには
              スタンプ・コンクリートなどと呼ばれる手法も使われているが、それはこの一種。

              それをベースにエイジングがかかれば、これはもうリアル&ファンタジーの世界。

              DSC06310.jpg

              リアルなものより少しディティールが強調される。

              DSC06305.jpg

              DSC06292.jpg

              DSC06301.jpg

              立体感を伴った平面に絵を描いてゆく感じで作業が進められる。

              DSC06297.jpg

              DSC06294.jpg

              DSC06299.jpg

              DSC06296.jpg

              造形をせずとも、エイジングの手法を活かせば
              ただのコンクリートフロアも一気に雰囲気抜群…

              オタクを唸らせる仕上げになってゆきます。

              ガレージ持っている方なら狙ってみても良いのでは!?


              スウェーディッシュ・スーパーカー

              0
                現在上映中の映画『Need For Speed』でも主役級の扱いをされているケーニッグゼグ…
                あまり馴染みはないが、スウェーデンのスーパーカーメーカーである。
                やはり同様の映画であるワイルドスピード(確か2作目)でもラストに
                ホンの少しだけど印象的に登場していたように
                アメリカ市場においてはセレブ中のセレブ的な扱いなんだろう。

                自分的に現行スーパーカーメーカーの枠を付けるとすると
                フェラーリとランボルギーニは同様な感じで
                更にレアなイメージがあるイタリアのパガーニやオランダのスパイカーなんかと
                このケーニッグゼグが同枠に入ってくるのかなーと思う。
                違ったらゴメン的な認識ですが…。

                DSC06204.jpg

                これはCCXというモデル。
                もう一つ前のモデルになるのだが、もし隣に最新のアゲーラというモデルがあっても
                あまり分からないかもしれないと思うくらい十分先鋭的。

                DSC06227.jpg

                何が特徴的って、この跳ね上げ式ドア。
                これぞスーパーカーって感じで、回りながら迫り出してくる。

                DSC06224.jpg

                残念ながら暗くって構造がよく見えませんでした。

                DSC06219.jpg

                DSC06223.jpg

                ルーフからリヤに繋がるラインがボリューミーでなかなか格好良いです。

                DSC06222.jpg

                DSC06221.jpg

                DSC06228.jpg

                スーパーカーメーカーというより、若干チューニングカーメーカーという感じですが
                個人的にこういったレアなイメージを持つ車のほうが大好きです。
                勿論、見るだけしか出来ませんが…(笑)。

                クラシック・ランボ

                0
                  DSC06211.jpg

                  DSC06206.jpg

                  マルチェロ・ガンディーニによる1960年代後半の作品…ランボルギーニ・エスパーダ

                  カッコイイんだかカッコワルイんだか分からないようなデザインが実にカッコイイ!(笑)

                  DSC06209.jpg

                  DSC06212.jpg

                  DSC06213.jpg

                  DSC06207.jpg

                  DSC06205.jpg

                  安全基準がうるさい現代車にはもう無理な話しなんだろうけど、昔の車はみんな薄べったく
                  流れるようなラインが作り易いのか、とても立ち姿が美しい。

                  さて、もう一台は言わずと知れたガンディーニの傑作…これこそ美しいマシンの代表!

                  DSC06198.jpg

                  ランボルギーニ・ミウラ

                  カウンタック以降はもうエッジ命みたいなデザインになっていくから(勿論それも好きですが)
                  この歴史に残る流麗なラインはほんと貴重だ。

                  DSC06200.jpg

                  これはSVだから、あの特徴的なマツゲは付いてませんが。

                  DSC06214.jpg

                  この薄さ!

                  DSC06202.jpg

                  この造形!

                  DSC06217.jpg

                  溜め息ものです。

                  DSC06215.jpg

                  DSC06201.jpg

                  DSC06199.jpg

                  う〜ン、たまらんすね…ガンディーニ最高!

                  オバフェン

                  0
                    週末に東京ビッグサイトで開催されていた住宅系展示会に行ったら
                    同会場内で何故かスーパーカー系輸入車の展示も併催されていたという
                    意味が分からないけど、自分的にOKな一日だった。
                    ガレージの展示もされてたから、それに付随する…ということだっただろうが。

                    最新のランボらフェラーリが並ぶ中、そこの一角に飾られて異彩を放っていたクルマ達…。

                    DSC06241.jpg

                    オートサロンにも出ていた超オーバーフェンダーのRWBポルシェ。

                    DSC06243.jpg

                    DSC06242.jpg

                    DSC06244.jpg

                    この白い車両がまたカッコイイ!

                    DSC06246.jpg

                    DSC06247.jpg

                    DSC06260.jpg

                    ここまでオーバーフェンダーが似合うのはポルシェかデトマソかって感じですかね。

                    DSC06248.jpg

                    DSC06257.jpg

                    DSC06259.jpg

                    この前時代的なインジェクターがまた最高です。

                    DSC06262.jpg

                    DSC06250.jpg

                    DSC06255.jpg

                    DSC06251.jpg

                    DSC06264.jpg

                    DSC06253.jpg

                    DSC06254.jpg

                    このハデさと、それに対するヤレた感…ウーン、堪りませんね!

                    DSC06261.jpg

                    それにしても、大胆に膨らんだボディ…
                    取って付けたように思えるリベット…奇麗とは言えずとも
                    その無骨さに彩られたオーバーフェンダーは、ロマンそのものです!


                    セーヌ川散歩

                    0
                      パリはセーヌ川のほとり…

                      この散歩がたまらなく楽しい。

                      DSC_4667.jpg

                      DSC_4666.jpg

                      街と自然のバランスに併せ、人と環境のバランスも素晴らしい。

                      DSC_4678.jpg

                      DSC_4680.jpg

                      DSC_4679.jpg

                      様々な用途で無数に配置された海上コンテナを使った施設。

                      DSC_4674.jpg

                      これがまあ洒落てること!

                      DSC_4675.jpg

                      DSC_4687.jpg

                      DSC_4656.jpg

                      DSC_4661.jpg

                      DSC_4669.jpg

                      DSC_4672.jpg

                      DSC_4698.jpg

                      DSC_4689.jpg

                      様々な人が自分の時間を楽しんでる感じが伝わるでしょうか?

                      DSC_4695.jpg

                      DSC_4694.jpg

                      DSC_4691.jpg

                      DSC_4693.jpg

                      こんなとこがあったら毎週末が楽しみで仕方ないですね〜。

                      | 1/14PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM